うつ病疾患でも入れる生命保険と加入条件

投稿日:

うつ病疾患でも入れる生命保険と加入条件

増加傾向にある「うつ病」ですが、一度なってしまうと病気や怪我のリスクが健康な人よりも上がるため、生命保険への加入はどうしても難しくなってしまいます。

とはいえ、未成年の子供さんがいる場合など、もしものときに死亡保障がほしいという人は少なからず存在しています。

ここでは、うつ病でも生命保険に加入するポイントなどについて解説いたします。

5年以上前にうつ病が寛解した場合は生命保険に加入できる可能性が高い

保険会社が審査するときに使用している告知書へは、5年以上昔の診察や検査の記入をする必要がありません。
そのため、過去にうつ病を患っていても、治ってから5年以上経過している場合は、普通の生命保険へ加入できる可能性が高いです。

また、5年経っていなくとも完治から数年が経ちそれを証明できる資料があったり、うつ病の症状が軽く改善へと向かっていると医師が保証した場合などは、加入を許される可能性があります。

一般的な生命保険に入れなかったら特別条件付契約を検討する

保険会社の普通の生命保険に加入できなかったときは、特別条件付契約ができないか尋ねてみましょう。

これは「割増保険料」や「保険金削減」を保険会社と約束し、生命保険に入らせてもらうことを言います。

割増保険料

割増保険料とは、うつ病により病気や怪我のリスクが健康な人よりも高いことを、保険料を上乗せすることで補い、保険に入らせてもらうことです。

保険金削減

保険金削減とは、定められた期限中に死亡してしまった場合は、経過年数に応じて、支払われる保険金の額が減らされるというシステムのことです。

一般的に期限は5年以内で、それを越えて死亡したときには、保険会社からお金が全額支払われます。
うつ病と関係のない避けがたい事故で亡くなった場合は、期間内でも10割支払われることが多いようです。

ただし、割増保険料の場合も、保険金削減の場合も、いくら支払う金額を上乗せするかや、何年間どのくらい保険金を削減するかは会社によって異なります。

加入したいと思ったら、まずは保険会社ごとに条件などを比べてみましょう。

それでも駄目なら引受緩和型保険か無選択保険を検討する

特別条件付契約でも加入できなかったときは、「引受緩和型保険」に加入できないか挑戦してみましょう。
引受緩和型保険とは、持病や大きな手術経験があるため、普通の保険では断られてしまう人でも加入しやすいように作られた保険のことです。

しかし、うつ病では加入できる場合とできない場合があるので、入りたい保険はどうなのか手続き前に調べておきましょう。

また、引受緩和型保険は一般的な生命保険と比べると保険代が高額で、おおよそ2倍ほどかかります。

家計に見合わない無理な出費はストレスとなり、さらにうつ病を悪化させてしまうこともありますので、加入には慎重になるようにしましょう。

無選択型保険は本当に保険が必要な場合に検討する

無選択型保険は、告知書を会社へ提出する必要がなく、審査がないのでどんな人でも加入できる保険です。
しかし、どんなハイリスクな人でも入れるので、保険料は引受緩和型保険よりもさらに高額になります。

保険金も他と比べると少額で300万円程度です。
そのため長年契約していると、保険会社に払い込んだ金額よりも、死亡したときにもらえる金額のほうが少ないことがあります。

契約するときには、何年支払うとそうなるのか、きちんと確認しましょう。

また、支払い方法の選択が少なく、ほとんどは終身払いで一生涯支払い続けなくてはいけません。
契約から2年以内に病気で死亡してしまった場合は、これまで払い込んだ保険料がそのまま戻ってきます。

このように、うつ病でも生命保険に加入することは可能です。
しかし、症状が重い場合は無選択型保険しか加入できず、その場合は普通の生命保険よりデメリットがとても多いです。

まとめ

うつ病は治療にはお金が必要です。
怪我や病気で亡くなるもしもに備えることも大切ですが、現在患っているうつ病をこれ以上悪化させず、改善に導くことも重要です。

生命保険はそれらを考慮した上で、自分でも無理なく支払い続けられる場合だけ加入するようにしましょう。

うつ病の治療には、ストレスを取り除き、心を休ませることが必要です。
保険料の負担で家計が圧迫し、うつ病を悪化させるようなことがないように注意しましょう。

もしも、いまの自分にはどれくらいの保険料なら無理なく払い続けられるのかわからないときは、無料保険相談サービスなどで相談してみるものおすすめです。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.