保険会社が倒産したら保険契約はどうなるの?

保険会社が倒産したら保険契約はどうなるの?

保険を取り扱っている会社は国内、外資系を含めるとたくさんあります。

色々な保険会社で魅力的な保険商品を取り扱っており、いくつか気になる保険を見つけたのはいいものの、これだけ種類が豊富にあるとちょっと不安に感じることはありませんか?

この不況下で色々な保険会社があるものの、保険を必要とした時に必ずしもその会社が健全な経営をしているとは限りません。

最悪の場合、保険会社が倒産してしまうこともありえない話ではないのです。

万が一、保険会社が倒産してしまった場合は既に契約している保険はどうなってしまうのでしょうか。

保険会社が破綻してしまった例

実際に、これまでにも数社の生命保険会社が、経営悪化して破綻してしまった例があります。

日本国内で経営している生命保険会社は、共済などを除いてほとんどが「生命保険契約者保護機構」に加入しています。
この保護機構に加入している生命保険会社の契約者の方は、きちんと保護を受けることができるようになっています。

万が一経営が破綻した場合にはこの保護機構が資金援助などを行うことで、保険契約者を保護してくれる仕組みになっています。

問題なのは、必ずしも全ての方が加入した時の健康状態と全く同じであるとは限りません。

健康状態によって、同じ条件で再加入することが難しい場合は引き継ぎをする保険会社が出た場合はその会社に、もし引き継ぐ会社がなかった場合は保護機構が引き継いで契約を続けることになります。

保護機構で保障できる範囲は90%まで

ただ場合によっては、万が一の時に支払われる保険金や年金の額が契約時よりも下がってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

これは保護される範囲が生命保険会社が支払に備えて積立している責任準備金に対して90%までということも影響しています。

まとめ

このような仕組みを理解することが大切ですが、正直なところ数十年先の保険会社の経営状況を読むことは難しいかもしれません。

最低限、生命保険契約者保護機構に加入している会社であることを確認し、これまでも安定した経営状況が続いている会社を選ぶようにすると安心できるかと思います。