帝王切開で保険適用される医療保険の必要性とは

投稿日:

帝王切開で保険適用される医療保険の必要性とは

妊娠・出産は、多くの人にとってとても幸せなことである反面、妊婦にかかる負担を考えると大変な出来事です。

出産は命がけというように、子供を産むということはそれだけの大きな出来事なのです。
出産するためには、通院や入院をしなければならないため、費用もかかってしまいます。

とりわけ、帝王切開で出産することになると、より多くの費用がかかってしまうのです。
そこで、おすすめなのが、医療保険を上手く利用し、帝王切開にかかる費用を抑えるという方法です。

ここでは、医療保険の必要性について解説いたします。

帝王切開による出産費用が高くなる理由

自然分娩に比べて費用がかかってしまう理由が、手術費用を加算しなければならないこと。
そして、入院日数の増加があげられます。

その前に、まずは妊娠期間中に必要な費用からまとめましょう。

妊娠期間中に必要な費用

妊娠期間中の通院などを行うことで発生する「検診費用」、マタニティウェアなどを購入するための、「マタニティ用品の費用」、そして出産をするための、「出産費用」となります。

この中で、「自然分娩」と「帝王切開」の違いにより負担する費用が大きく変わってくるのが出産費用です。

自然分娩により出産する場合、入院日数は出産後で平均して4~5日ほどとなり、出産の際の費用と会わせて30万~70万円ほど必要とされております。

帝王切開によって一番変わってくるのが、入院日数とされており、平均で6~15日は入院しなければならないケースが多くなります。
入院費が一日1万円だとした場合、最大で10万円ほどの開きが出てしまうのです。

他にも、おなかの傷の対策として、術後用腹帯(千円~五千円ほど)や、ケロイド予防のシリコンやジェルシートといった用品(5千円~一万円ほど)を購入しなければならなくなるのです。

帝王切開には、どうしても手術後の費用がかさんでしまいます。
しかし、実は帝王切開は自然分娩と事なり、国民健康保険の補助対象となる事や、民間の医療保険が給付金を出すこともあります。

帝王切開の手術費用を抑える方法

保険といっても帝王切開の専用の医療保険といったものは存在しません。
方法としては、生命保険に入院や治療特約を付ける、あるいは民間の医療保険に加入して保険料を受け取るの二択となります。

民間の医療保険は、入院費を負担することはもちろんですが、通院や手術に際しての費用も保障してくれるものがあります。
これを利用することで、帝王切開にかかる費用の負担を軽減することができるのです。

他にも費用の負担を抑える方法があります。
意外なことに、帝王切開の費用に対して国民健康保険が適用されるため、自己負担は3割まで軽減できます。

仮に健康保険を適用しても治療費が自己負担限度額を超えてしまった場合、高額療養費制度を申請することができます。
これは、自身の年齢や所得によって決められるため、事前に調べておく必要があります。

次に、妊娠4カ月以上で出産した場合、出産育児一時金が1児につき42万円が健康保険から支給されますので、必ず受け取るようにしましょう。

最後に、医療費の控除です。

1年間で1世帯の医療費の支払いが10万円以上になると、確定申告の際に申請するとお金が戻ってくるのです。
妊娠・出産のためにかかった交通費や、通院費なども医療費控除の対象となるため、領収書の保管は忘れずにしておきましょう。

医療保険に加入するタイミングが重要

では、生命保険や医療保険といった保険に入る場合、いつ頃から加入するのがベストなのでしょうか。
また妊娠が発覚してからも加入することができるかどうかが気になるところです。

一般的に、母子手帳に初回診察記録がされた日から数えて、妊娠27週目までであれば、妊婦の方はほとんどの医療保険に加入することができます。

しかし、ここで気を付けたいのが、妊娠中に保険に加入してしまうと、医療保険では「特定部位の不担保」という条件を付けられてしまうことがほとんどです。

特定部位の不担保を分かりやすく説明すると、帝王切開や、早産、流産、早期破水など女性特有の現象です。
出産に関して考えられる要素に関しては、給付金がでないという決まりになっているのです。

ただし、妊娠する前に保険に加入しておけば、この条件が外れます。
もし生命保険や医療保険への加入を考えている方は、妊娠前、できれば結婚してすぐに加入するとよいでしょう。

ただし、一度目の出産で帝王切開をした場合、もし二回目以降にも帝王切開をした場合、保障が受けづらくなる可能性があります。
これは、生命保険や医療保険については、過去5年以内に手術を行った場合、保険そのものに加入が難しくなるためです。

帝王切開もまた手術の一つであり、また一度保障を受けていると、その後5年間は「子宮を原因とする疾病」は保障の対象外となってしまうので注意が必要です。

帝王切開になる割合は、全体の19%近くであり、およそ5人に1人の割合と意外と多く、そこまでレアなケースというわけではないということです。
つまりどんな人でもその可能性を考えておく必要があります。

まとめ

国の補助制度や民間の医療保険の内容を理解しておけば、仮に帝王切開だとしても費用を軽減することができますし、場合によっては黒字となることもあります。

保険が活躍すれば、出産に関しての費用を抑え、その分のお金をその後の育児や養育費に充てることができるので、より安心して子育て励むことができるでしょう。

-医療保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.