定期保険のメリットとデメリットのすべて

定期保険のメリットとデメリットのすべて

大人になると、なんとなく生命保険に加入しなくてはならないものと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、保険を検討したとき、どんな保険へ加入するべきか、決まりきらないものです。

多くの生命保険会社が、それぞれ自社商品を数多く提供しているため、自分にぴったりな保険を調べるだけでも、大変手間がかかってしまいます。

その生命保険会社に対する信頼度や、保険商品そのものに対する信頼度も必要なため、何となく加入というわけにはいかないものです。
また、自分の年齢や家族構成、経済状況などにも応じて、そのときの状況に一番ふさわしい保険に加入するのが良いでしょう。

定期保険によるメリット

定期保険は掛け捨てと言われる保険で、保障が必要となる期間を決めて加入する保険になります。

終身保険と比較すると、かなり保険に対するコストを抑えることができるのがメリットだと言えます。

契約期間が決まっているので、保険料が割安に設定されており、気軽に加入することができます。

また、ライフプランを考えて、保障期間や保障額を考えることができます。

子どもがまだ成人していない間は、万が一のことを考え、高額な死亡保障の定期保険に加入しておき、子どもが社会人になって独立した後は、夫婦二人だけのことを考え、貯蓄性の高い養老保険への加入を検討すれば良いでしょう。

定期保険によるデメリット

何かとメリット点が多い定期保険ですが、当然デメリット部分も持ち合わせています。

一体どういった部分なのでしょうか。

定期保険は契約期間が定められているため、その分だけ保険に支払う費用が少なくなってきます。

メリットにも考えられますが、その分、満期になったときでも、保険金は受け取れません。

もちろん、解約返戻金もありませんので、途中解約した場合、今まで払い続けた保険金は、戻ってきません。

また、契約時には割安な保険料が設定されていますが、契約が終わり、再度、更新すると、そのときの年齢に合わせて、保険料を再計算することになりますので、保険料がはね上がってしまいます。

何度か更新を重ねていくと、保険料が上がっていくデメリット点も考えられます。

それにいくら掛け捨てとはいえ、保障を上げていくと、当然、保険料は高くなります。

定期保険はその特性から、貯蓄性は期待できません。

割安な保険料で大きな保障を手に入れることはできますが、こういったデメリット点を踏まえておいた上で、どの保険にするか、決定したほうが良いでしょう。

年代別に合った保険に加入しましょう

まだ独身で結婚する予定もないのであれば、自分にもしものことが起きても、困ってしまう家族はいないものです。

そのため、自分に万が一のことが起きてしまってからの死亡保障はそれほど必要ないものですよね。

それよりは自分が生きているうちに保険金を受け取ることができる、医療保険や入院特約に力を入れたいものです。

既婚者はそうもいきませんよね。子どもがいる場合、なおさらではないでしょうか。

自分が死亡した場合、その後の生活に困らないよう、保険に保障をつけてあげたいですね。

そうなると、やはり死亡保障を高めに設定しておきたいと思うものです。

若いうちは経済的にも余裕がないので、保険費用を捻出するのも苦しいものです。

若い頃から将来のことを考えて、高額保険に入ることもありますが、結婚後はどのような変化が現れるか分からないため、結局は無駄になってしまうことも考えられます。

また、結婚していても子どもがまだ小さいうちは、子どもに必要な費用が必要なため、保険が大切なことはしっていても、現状として厳しい場合もあるものです。

こういった場合に適しているのが定期保険です。

まとめ

最近では定期保険よりも、終身保険に定期特約がついた定期特約付終身保険に加入される方が多くなっています。

終身保険は一律の契約期間が設定されていないため、契約者に万が一のことがあった場合、必ず遺族が死亡保険金を受け取ることができます。

この終身保険に一定期間のみ、保障額を上げれるのが、定期特約付終身保険になります。

メリット、デメリットを踏まえ、自分に合ったベストの保険を決めるたい場合、無料で行っている保険無料相談を利用してみるのも一つの手です。