終身保険のメリットとデメリットのすべて

終身保険のメリットとデメリットのすべて

20代で加入した場合と、30代や40代で加入した場合、同じ保障内容の保険でも、保険料金は大幅に変わってきます。

当然、年齢が上がっていくほど、保険料は高額になり、毎月の生活費を圧迫することになってしまいます。

定期保険のような掛け捨てタイプは異なりますが、終身保険への加入を考えた場合、確実に若いうちから加入しておいたほうがお得になります。

終身保険は保険料が変わらないため、若いうちに加入しておくと、割安な保険料が設定され、その保険料を満期まで支払い続けることになります。

ここでは、終身保険のメリットとデメリットについて解説いたします。

終身保険のメリット

終身保険のメリットは、契約者が死亡した場合、必ず遺族が保険金を受け取ることができるといった点ではないでしょうか。

定期保険は保障期間が一律のため、満期になって更新をしない限り、保障はそこで終わります。

しかし終身保険の場合、払い込み期間を定めていたり、または払い込みを続けていることによって、一生、保障を受けることができるのはメリットでしょう。

また、払い込み保険料が掛け捨てでないことも、メリットの一つと言えます。
途中解約を希望した場合でも、払い込んだ料金によって、解約返戻金をもらえます。

他にも終身保険は、加入時から保険料が変動しないといったメリット点もあります。

終身保険のデメリット

では終身保険のデメリット点とは、一体どういった点なのでしょうか。

貯蓄性の保険だけあって、終身保険はどうしても保険料が割高になってしまうのが、デメリット点だと言えるでしょう。

独身のときは支払いが余裕でも、子どもができると、それまでの保険費用が経済を圧迫することもあります。

支払いが苦しくなってしまうと、保険そのものを解約しなくてはいけないこともあるので、加入時には自分のライフプランをしっかり考えなくてはなりません。

また、終身保険は満期になっても保険金の支払いがないため、契約者が満期時に生存していても、満期保険金は受け取れません。

満期時の保険金を受け取りたいと考える場合、より貯蓄性のある養老保険などに加入しておいたほうが良いでしょう。また、保険料はさらに割高になってしまいます。

終身保険の選び方

独身のときは自分の体だけを考えればいいので、保険料も割安にすむ定期保険に加入しておけば、とりあえずは安心できるものですが、結婚をするとそうもいきません。

特に子どもができると、自分に何かが起きた場合、これまでの保険が適切かどうかは疑問に感じてくるものです。

いざという場合、残された家族が困らないよう、最低限の生活費や養育費は保障しておいてあげたいと思う方も多いことでしょう。

結婚をきっかけに、保険を見直す人も少なくありません。定期保険から終身保険への見直しをされる方も多いようです。

死亡保障、または医療保障を考えるなら、定期保険でも良いですが、将来のライフプランを考えた場合、保障が生涯続く終身保険へ乗り換えされることもあるようです。

終身保険は保険料に変動がありませんので、自分の経済状況などによって、内容を決定していき、無理のない保険料を設定することが可能です。

また、終身死亡保険の場合、満期日が設けられていないので、払い込んだ保険料に応じた保険金の支払いを受け取ることができます。

最近では定期特約が付いた終身保険もあるため、子どもたちが幼いうちは、定期特約を考えておき、子どもたちが成人したときには特約を外すことで、終身保険を続けていくことができます。