収入保障保険のメリットとデメリットのすべて

投稿日:

収入保障保険のメリットとデメリットのすべて

収入保障保険とはどのような保障内容の特徴があるのか確認してみましょう。

収入保障保険の特徴

収入保障保険は被保険者が死亡もしくは高度障害状態となられた時にお支払いされる保険です。

終身保険や定期保険との違いは、保険料が一定期間を決まった金額で毎月支払われるということです。

もしも一家の大黒柱であるご主人に万が一のことが起こった場合、仕事ができない状況になりますので全く収入が途絶えてしまうことになります。

残されたご家族の生活を保障するために毎月一定金額の保障が受けられることで安心して生活することができるという特徴があります。

例えば30歳で60歳保険期間満了、毎月20万円の収入保障保険に加入した方が35歳の時に万が一のことが起こった場合、残されたご家族の方は毎月20万円を25年間受け取ることができます。

また、50歳の時に万が一のことが起こった場合は20万円を10年間受け取ることになります。

つまり、契約してから日数が経つほど受け取る保険金の総額が変わるという保証内容になっています。

収入保障保険のメリット

収入保障保険のメリットは、保険の掛け金が安いことです。

家族のために残せる保障としては他にも終身保険や定期保険がありますが、これらと比較しても保険料が割安であるといえます。

また基本的には一括で保険金を受取る仕組みではないため、まとまった金額を受け取ってしまうとすぐに使いきってしまいそうな不安を感じる方には最適な保障といえるでしょう。

収入保障保険のデメリット

デメリットとしては、受け取る保険金の変動が大きいということです。

年齢を重ねるごとに健康のリスクが高まるにしたがって万が一の時の保障が欲しいという方にとっては心細くなる保証内容かもしれません。

収入保障保険は近い将来のリスクを考えるとメリットが大きい保険だといえます。

例えばまだ子供が小さいので成人するくらいまではしっかりと万が一の保障を考えたいけれど毎月の保険料の出費は抑えたいという方には是非検討していただきたい保険です。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.