安心できる将来を手に入れるための保険

投稿日:

安心できる将来を手に入れるための保険

生命保険の加入を考えたとき、現状のことを一番に考えて、どのような保障内容にしていくか決めなければなりません。

社会人になったばかりのときは、まず病気やケガのことを考え、入院や通院の保障がしっかりしている保険に目が向くことでしょう。

実際に独身であるうちは、高額な死亡保障などは必要ありません。自分が亡くなってしまったことを考えてみても、その後、生活するのに困る人はいないからです。
そう考えると、最低限の葬儀代程度の死亡保障がついている保険で、医療に特化しているものが理想的かもしれません。

しかし、年齢を重ねて行くとともに、結婚をしたり、子どもができたりすると、これまでの保障内容どおりではいかなくなります。
新しくマイホームを建てたり、子どもの教育費用が必要になったり、大きくライフスタイルが変化していきます。

生命保険もライフスタイルに合わせて、一緒に変化させていかなくてはなりません。
保険への加入を勧められたときは、保険のことも今ひとつ理解できず、言われるがまま保険に加入したという方も多いものです。

しかし、家族環境の変化などによる保険の見直しとなると、これからの自分のライフプランをしっかり踏まえておかなくては、万が一のときに保障額が足りなかったり、逆に保障を充実させすぎて、高額な保険料を何十年も支払い続けなければならないことも考えられます。

保険の加入や見直しを考えるときは、将来的なことをしっかり見据えておいた上で、どのようなプランにしていくか決めましょう。

家族の将来設計を考えながら保険を検討する

将来のことを考え過ぎて、若いときから保険のことをしっかり考えている方もいらっしゃいますが、あまり先のことを考え過ぎて、老後を踏まえた貯蓄性の高い保険へ加入するのは、おすすめできません。

ライフプランを考えて保険に加入するのは良いことですが、まだ結婚もしていないうちから、高額な養老保険などに加入すると、いざ結婚した場合、教育費や住宅ローンなどに費用が必要となり、結局は保険を解約するしかないということもあります。
ある程度、自分のライフプランがしっかり目に見えてくるまでは、年齢相応の保険に加入しておいたほうが無難だといえます。

子どもができると、どういったイベントが待ち受けているか分かりません。
ある程度想定はできたとしても、必ずそのとおりにはならないのが人生だともいえます。

独身の間はなるべく保険には費用はかけず、貯蓄をしたいのなら一般的な預貯金をしておいたほうが、賢明と言えます。
独身のうちに、高額な養老保険などを勧めてくる営業マンは、自分の成績だけを考えていることもあります。

保険は一度加入したからといって、それで終わるわけではありません。
その後も顧客と対面しながら、人生に関わっていく仕事だと自負している営業マンであれば、そのような無理をすることはないでしょう。

独身生活を続けるのときの保険選び

しかし、最近では独身で生涯をとおす方も多くなってきているため、ある程度の年齢になれば、やはり将来のことを考えて、保険の内容は見なおしたほうが良いでしょう。

ずっと独身生活を続けていくつもりなら、やはり老後のことは考えておきたいものです。

終身保険や養老保険の場合、加入する年代が遅ければ遅いほど、保険料が割高になってしまいます。
保険料の支払いが高額すぎると、生活レベルを下げなければならなかったり、保障をあまり高くできないこともあります。

30代後半や40代に突入して、今後も独身でいるのなら、保険の見直しを早めにしておくようにしましょう。
高齢になっていけばいくほど、医療に関わる費用も必要になってきます。

今は必要ないと考えていても、将来のことを考えた場合、医療保険を充実させておくことは大切です。
古い保険はすぐに見直しましょう

独身で保険に加入している方の場合、つい昔のままの保障内容にしておいたままで、そのまま一度も見直さず、現在に至るという方もいらっしゃいます。

現在は数えきれないほどの保険商品が販売されていますが、あまりにも古い保険商品の場合、とにかく高額な死亡保障になっており、若い頃から割高な保険料を支払い続けている方も、中にはいるようです。

独身であっても、何年か一度に保険の見直しをすることは必要です。

高額な死亡保障の保険になっているのなら、早めに見直して、保障内容を変更したほうが良いでしょう。

独身の場合、保険に対する費用も、ある程度は自由がきくものです。

まとめ

最近では保障内容の高い定期保険と、貯蓄型の保険を組み合わせたり、別々に保険に加入することで、保障内容を充実させることができます。

費用面で余裕がある場合、こういった保険の組み合わせをしてみるのも良いかもしれません。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.