保険の必要性を見極めるライフプラン表の活用術

投稿日:

保険の必要性を見極めるライフプラン表の活用術

みなさんは自分の将来をどのように考えているのでしょうか。
最近では日々の生活に追われ、なかなか将来を考えることもできないといったことも少なくありません。

中でも将来を考える上で「保険」というのは大切です。

独身で1人暮らしであれば、それほど重要ではないのかもしれませんが、養う家族がいるとなると考え方も変わってきます。

一般的には生命保険はとりあえず加入したという人がほとんどです。
就職した会社に来る保険の外交員の勧めで加入したり、また、知人の外交員の勧めで加入したといったかたがほとんどなのです。

自分でしっかりと考えて加入したという人は実際にはかなり少ないのです。
ですが、生命保険はじつは人生におけるとても大きな買い物の一つになるのです。

最も大きな買い物はマイホームになりますが、生命保険はそれに次いで大きな買い物なのです。
月々の保険料をそれを支払う期間を考えてみてください。
一般的な自動車などよりもはるかに高額になるのです。

であれば、生命保険はしっかりと考えて納得のいくものにしたいですよね。

保険を考えるには人生設計(ライフプラン)も大切

保険を考えるには、自分の将来を考えなければなりません。

生命保険は、入院特約や重大疾病特約等では自身のための保障になりますが、基本的には遺された家族のための保障なのです。
人生にはさまざまな節目が出てきます。

大きなもので言えば、結婚や出産。
また、その子供の進学といったところでしょうか。

こういった点を考えると、その節目ごとにどういった保障が必要か、またその保険に掛けられる費用はいくらまでなのかといったことも考える必要があります。

保険を相談するうえでは、こういった人生の節目をどうとらえているかというのもとても大切になるのです。
それらを意識したり理解することでどういった保険が必要なのかということが分かるようになってくるのです。

社会人になってすぐの生命保険はそれほど重要ではありませんが、こういった節目ごとに何が大切なのかがわかってくるのです。

保険のプロに相談してライフプラン表を作成してもらう

人生設計を考えた保険の見直しをする場合、生活において必要なお金や、どういった保障が必要で、また、保険料はいくらくらいで、といったような計算はなかなか自分一人でするのは大変です。

ですが、保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することで、アドバイスをしてもらいながら自分の人生設計を考えるということもできるのです。

もちろん、無料保険相談サービスを活用するので、費用はかかりません。

実際に保険に加入したり見直しをする場合、まず、自分に必要な保険がどんな保険なのかが理解できなければ、自分にとって良い保険ということにはなりません。

知識のない状況で加入した保険の場合、また、保険料が安いからといった理由で加入した保険の場合、保険料の支払い条件や、支払われる保険料が予想していたものと違っていたりといったような、落とし穴があることもあるので注意が必要なのです。

今加入している自分の保険が、どの程度自分の人生において役にたつのかといったことを相談してみるのもいいかもしれません。

それが人生設計のスタートにもつながることがあるのです。

まずは、自分の保険についてしっかりと理解することが大切なのかもしれませんね。

無料保険相談サービスのタイプ

実際の保険の無料相談サービスにはさまざまなものがあります。

店舗で相談をするものや、自宅まできてくれるもの。
また、最近ではインターネットを利用したものといったところでしょうか。

自分である程度の知識があるのであれば、インターネットを利用したものでもよいのですが、しっかりと話を聞きたいといった場合、やはり面談で相談をするものがよいでしょう。

しかし、現在は無料保険相談サービスといってもさまざまなものがあります。
その中でどこで相談するかというのも大切になります。

同じ無料保険相談のサービスであれば、より良いところで相談を受けたいですよね。
そのためにはどこの無料保険相談サービスがよいのか知る必要があります。

もちろん、複数の無料保険相談サービスを受けるのも一つの方法です。

しかし、あまりに多くの無料保険相談サービスを受けると、どれがいいのか自分でもわからなくなってしまいますから、ある程度は絞っておいたほうがよいでしょう。

現在自分が加入している保険会社の保険商品を扱っているところのほうが話が早いかもしれませんね。

まとめ

実際に無料保険相談サービスの良しあしは、簡単に判断することはできませんが、相談したあとに成約となるのが、良い相談と考えることができます。

ですから、相談実績数で判断するのがよいかもしれません。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.