生命保険の満期で損しない押さえるべきポイント!

生命保険の満期で損しない押さえるべきポイント!

満期」という言葉を聞いたことがあると思います。

生命保険の満期とは保険期間が終了したときのことを指します。
とは言ってものの、保険の種類によって意味が微妙に違ってきます。

ここでは、生命保険の満期で損しないためのポイントを解説いたします。

生命保険における満期はさまざまある

定期型の生命保険であれば10年ごとや20年ごとに更新の時期があり、その更新時期のことを満期といいます。
しかし、養老保険のような貯蓄型の生命保険の場合は、払い込みの満了の時期のことを満期といいます。

基本的に満期とは「保険期間が終了した時期のこと」ということができます。

生命保険の満期は、保険期間が終了する時期であり、つまり保険の見直しのタイミングです。
満期を迎える前に、保険の更新についてよく考えておく必要があります。

もし別の保険にかえようと思うのであれば、保険加入期間が途切れることのないようにしなければなりません。

前述のように貯蓄型の生命保険では、満期とは積み立てた保険金が満了になったことを指します。
満期保険金」は、それまで払い込んだ保険料を積み立てたものです。

つまり満期保険金は貯金のようなものであり、利率が高いものであれば預貯金よりもお金が増えることから、満期保険金のために生命保険に加入するという手段をとる人もいるぐらいです。

満期保険金を受け取れる生命保険とは

満期保険金を受け取れる生命保険は次のようなタイプがあります。

養老保険

養老保険は被保険者が死亡した際には死亡保険金が受取人へ入り、被保険者が満期まで存命だった場合には生存保険金が入ります。
つまり死亡した際も、生存していた場合もどちらも保険金が支払われるのです。

満期保険金の金額は死亡保険金と同じ金額になります。

そのため貯蓄の意味で加入するのであれば、契約時の金額設定をよく考えて行う必要があります。

学資保険

これは主に子供の学費を積み立てるための保険です。

高校入学の際や、大学入学の際に入り用となる費用を貯蓄することを目的とした保険です。
加入の際に高校や大学の入学の時期を満期と設定することが一般的です。

生存給付金付保険

一定期間が経過するごとに生存給付金を受け取ることができる保険です。
一定期間とは、契約時に設定することができます。

満期保険金を請求する手順

健康保険証や、運転免許証など、本人が確認できる書類を用意します。
この本人確認のための書類は保険会社によって違うため事前に確認することが必要です。

満期日の1~2カ月前に保険会社から満期保険金請求書が送られてくるので必要事項を記入して送り返します。

送り返した請求書を保険会社が確認し、満期保険金が支払われます。

保険会社によっては一部または全部を据え置きにすることもでき、保険会社から利息をもらうことができます。

満期保険金のある生命保険の確認すべきポイント

満期保険金のある生命保険に加入した場合、満期に向けて払い込みをずっと続けていくことになります。

その中で金額などで疑問を感じることもあると思います。

自分が加入した保険に疑問を感じた際はいくつかの判断基準をもって再考することをおすすめします。

何を目的として加入するのか明確にする

何年後に満期になるのか、どのような際に保険金がおりるのか、などを見直します。

これらをもとに今後の資金計画を考える必要があるのです。

保険料の負担は家計を圧迫しないのかチェックする

現在支払っている保険料が自分にあっているかも非常に重要な問題です。

転職などをして給料が変わった際に今まで支払っていた金額だと苦しくなってしまう場合もあります。

保険とは将来の安心を保障するためのものであり、そのために今苦しい思いをするのは本末転倒というものです。

自分の現状にあった金額を払い込んでいくことが重要です。

満期日を確認する

満期がいつなのかも重要です。

数か月や一年程度で満期がくるのであれば、続けたほうがいいですが、ずっと先であるならばある程度の損失は覚悟して決断するほうがいいかもしれません。

万が一解約したときの解約払戻金はいくら戻るのか確認する

途中で保険を解約した際に戻ってくる金額のことです。

これがあるのかないのか、金額はどれくらいなのかも判断の際の重要な材料になります。

以上のようなことを念頭におきながら、自分の加入している保険がどのようなものなのか、を時々確認することも重要です。

契約後も生命保険の内容を変更することができる

また、現在の自分の支払金額がきつくなっている場合は無理に保険料を支払わなくても大丈夫ということも知っておく必要があります。

支払えなくなったらすぐに契約を消されてしまう、というわけではありません。
たとえば保険料の支払いが滞ったとしても、基本的には翌月末までに支払えば保険は継続されます。

また、保険料を途中で減額することも可能です。
もちろん最終的に受け取れる金額は減ってしまいますが、解約するよりは賢明な場合もあります。

解約払戻金をもらってその時点で終了とするのも一つの手段です。

ちなみに保険会社へ払い込んでいる保険料は二つの要素から構成されています。
それは純粋な保険料としての「純保険料」と保険会社を運営するための資金源となる「付加保険料」の部分です。

この純保険料の部分が積み立てられ、満期保険金として支払われることになるのです。

結局積み立てている分が満期保険金となっているのであり、満期保険金がない保険というのはこの積み立て分を支払っていないのです。

まとめ

これらのように生命保険の種類によっては、満期に向けて保険料を払い込み、満期保険金を受け取るタイプのものもあります。

それらの特色をよく理解しながら自分にあったものを選んでいくことが重要となります。