生命保険の見直しで注意すべきポイント!

生命保険の見直しで注意すべきポイント!
生命保険の見直しで注意すべきポイント!

家族のことを考え、生命保険に加入しておくことは大切ですが、加入している保険の内容が適正かどうかまでは分からないものです。

初めて保険に加入するときは、保障内容や家族のことなどを考え、将来的なライフプランを設計して、自分に合った保険へ加入します。
しかし、一度加入してしまうと、なかなか見直しをする機会がないものです。

保険代理店を介して生命保険に加入した場合は、熱心な営業担当者であれば、毎年の更新時期になると、新しい特約や保険などを案内してくれながら、現状に一番見合った保険内容になるよう、調整してくれることでしょう。

しかし、よほど日頃から保険のことに熱心な方でない限り、新しい保障などをチェックすることはないものです。

ここでは、生命保険の見直しで注意すべきポイントを解説いたします。

生命保険は常に新しい商品を提供している

とりあえず保険に加入しているから、何となく大丈夫と思い、気が付けば加入してから何年もそのままの状態で放置してしまっているケースも多いようです。

保険会社は常に新しい商品を提供しているため、加入時には完璧と思えた保障内容でも、時間が過ぎれば、保障内容も不足し、高額な保険料を支払っているだけになっていることもあります。

新しい商品は保険料も安く、手厚い保障が最初からついているため、加入していた保険より比べものにならないほど内容が充実していることがあるのです。

古い生命保険の保障内容を厚くするには2つの方法があります。

一つ目が新たな特約を付けて保障を充実させる。
二つ目が新しい保険に加入しなおす。
この2択しかありません。

ここまでくると、これまで加入していた保険を解約して、新しい保険へと加入したほうが得するケースもあるのです。
そのため、保険の見直しは日頃からチェックしておくようにしなければなりません。

年代別で生命保険を見直すことも大切

保険の見直しは、年代別でもポイントが異なってきます。

20代のうちは独身であることも多く、配偶者や子どもについて考えることはありません。
しかし、30代や40代に突入すると、既婚者も増え、奥さんや子どものことを考えた保険への見直しを考えなくてなりません。

独身の頃は医療に特化した保険を重視するものですが、やはり既婚者となると、死亡保障が充実している保険への加入を考えます。

子どもが小さい間は、定期特約などをつけて、死亡保障の高い保険への見直しが必要です。
また、子どもが大きくなるとともに、再度、保険の見直しは必要になってきます。

子どもが成長していく過程で、教育費や住宅ローンなどの費用もだんだんと必要なくなってきます。

それまでは、もしものことを考えて、子どもの教育費などに困らないよう、高額な死亡保障をつけておくものですが、子どもが独立してしまうと、そんなに高額な保障はいらなくなってきます。

その代わり、次に必要となってくるのが医療保険や養老保険になります。

年代的に今後はそれほど死亡保障に重みを置かず、老後のことを考えた保険へと見直す必要があります。

貯蓄性がある保険へと加入しておくと、老後のときに役立ちますので、高額な定期保険の死亡保障をやめる代わりに、貯蓄性の保険へと見直しをしていくのが理想的でしょう。

ライフプランにあった生命保険の見直しするなら無料保険相談サービスを利用する

保険の見直しをする場合、最近ではインターネットで保険のサービスや見積もりを比較してくれるサイトが数多くありますので、こういったサイトを利用して、さまざまな保険商品を比較検討してみると良いでしょう。

また、最近では一社のみの代理店をするのではなく、何社もの代理店をしている会社も増えてきました。

保険見直しをするための店舗を構えていることも多く、無料で各社の商品を比較してくれて、自分が望む保険商品を探してくれます。

保険は住宅や教育費用に次ぐ、高額商品とも言われていますので、なるべく信頼できる保険会社や代理店を選ぶことも重要です。

ダイレクト販売の場合、あくまでも任意になるため、担当営業などはつかないものですが、一般的な保険代理店などを利用する場合、やはり信頼できる保険のプロがいるかどうかは大事なことになってきます。

更新の都度、ハガキのみで案内をしてくる保険会社と、保険のプロがしっかり案内をしてくれる保険会社なら、保険のプロがきちんと案内をしてくれるほうが信頼できるものです。