自分に合ったがん保険の選び方

投稿日:

自分に合ったがん保険の選び方

日本人の平均寿命は今や世界1と言われており、その記録は今なお伸びています。

それは医療技術の進歩や高度な医療設備の充実が、病気による日本人の死亡率を低くしたからにほかなりません。

しかし、そんな中で、癌による死亡率は増えていっています。
癌による死亡が増える中、世の中にはさまざまな種類のがん保険が作られてきました。

種類があまりたくさんあると、自分には一体どのようなものがあっているのかわからなくなってしまいますね。
がん保険は選ぶには「高さ」と「幅」を考える

保険を選ぶ際の「高さ」とは、「保険金額」つまり、実際癌に罹患してしまった場合に、どれくらいの金額を保障してくれるのか、ということです。

「幅」とは「保障期間」つまり癌に罹患した後、どれくらいの時期まで保障は続いていくのか、を指しています。

つまりどれくらいの保障をどれくらいの期間受けたいのか、を明確に決めていくことが、保険を選んでいく第一歩となるのです。

どちらをどらくらいの量にするか、などはそれぞれの世帯の様相や、構成によって変わってきます。

独身なのか、配偶者はいるのか、子供の数、就学しているのか、などです。

これらを考えながら、「高さ」つまり「保険金額」を考えるとすると、「子供が大学に行く学費分くらいは保障してもらいたい」とか、「自分に万が一があった場合は葬式代くらいは残したい」とか「妻が少しでも楽に暮らしていけるようにしておきたい」とかさまざまな背景をもとに「高さ」を決めていくのです。

「高さ」を考える際は「国民健康保険」等で保障される金額以外で「大体これくらいの保障がほしい」などの考えを決めてから選択肢を絞っていきます。

次に「幅」を決めます。「幅」とは保障期間のことであるため、「一定期間」の保障でいいのか、「一生涯」でいいのか、などの考えから考察を進めます。

子供がいる方の場合だと、「子供が大学を卒業して無事社会人になれるまで」などの選択肢が出てくるわけです。

「なんのために保険に入るのか」をしっかりと決めてから保険選びを開始しなくてはならないのです。

がん保険を選ぶための特徴の理解

がん保険には四つの特徴があります。

①がん以外は対象とならない

当然ですが、「がん保険」はあくまで癌のための保険であり、癌以外の病気になったとしても保障はされません。

医療保険とは違うということをしっかりと認識しておく必要があります。

②入院給付金に日数の限度はない

入院給付金には支払いの限度日数がありません。

たとえ入院が長期になったとしても途中で給付が終わることはないのです。

手術を行わずに時間をかけて治療に専念することも選択できるようになります。

ここも医療保険とは違う部分といえます。

③癌であると診断された時点で「診断給付金」を受け取ることができる

保険会社で違いはありますが、大体100万円~200万円程度の金額を受け取ることができます。

癌が発覚した人にとって、家族の将来や自分の今後の人生をどうするか、などさまざまな悩みが出てきます。

このようなお金を取り急ぎ受け取れるのは助けになりますね。

④癌の保障はしっかりとされている

保険の種類によっては放射線治療や抗がん剤治療の保障をしているものもあります。

さまざまな種類の保険があると前述しましたが、選ぶ際には「何が保障されているのか」もチェックする必要があります。

がん保険にはどのような種類があるのか

癌は年齢があがるごとに罹患するリスクが高くなります。

がんの発症率は50歳頃までは女性の方が高いですが、60歳を迎える頃からは男性の方が高くなっていきます。

女性の罹患率は年齢をおうごとに緩やかに高くなっていきますが、男性の場合は60歳を超える頃から急激に増えていくのです。

自分の体力や年齢を考えながらさまざまな種類の中から選んでいく必要があります。

定額型

一般的ながん保険であり、入院給付金の日額を基準に、診断給付金や手術給付金などの金額が決定します。

診断給付金は入院給付金日額5000円の200倍といったようにです。

広範囲な癌のリスクに対応してほしい場合や、一生保障を継続したい場合などに適したタイプといえます。

実損補填型

癌の治療に実際にかかった金額を保障してくれるタイプの保険です。

入院や手術・治療だけでなく、交通費などもすべてまかってくれます。

たとえば最近の治療をうけて費用がかさんだとしてもその金額も保障してもらえることも大きなポイントです。

診断給付型

前述の診断給付金のみを保障するタイプの保険です。

預金などがあまりなく、入院や手術の前にまとまったお金が必要な方や、入院などはせずに治療したい方などに向いているタイプです。

収入保障型

癌と診断された際に、年金のかたちで保険金をもらえるものです。

働けなくなっても毎月定期的な収入を得たい方にあったタイプです。

保険期間が満了するまでの間保険金が給付されます。

まとめ

以上のことを考えながらがん保険を選択していきます。

保険選びで一番のポイントになるのは「高さ」「幅」です。

これをしっかりと考え、万が一癌にかかったときにどのような保障を受けたいかを決めましょう。

収入や家庭内の状況など、それぞれで選ぶ基準はかわってくるので、じっくりと自分にあった保険を選ぶ必要があります。

自分の将来に大きくかかわる問題でもあるからです。

-がん保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.