保険を見直すときの注意点

保険を見直すときの注意点

結婚したり、または子どもができると、その人数分だけ必要な保険への加入をしなくてはなりません。
生命保険や学資保険など、さまざまな保険への加入をするものです。

保険は一旦加入すると、なかなか見直す機会を持つこともありませんので、気が付くと何年も経過してしまって、加入している保障内容が新しい保険に比べると、低くなっていることもあります。

また、保険加入時は必要かと思っていても、しばらく経つと、あまり必要じゃなかった保障も出てくるものです。

保険の保障額は高ければ高いほど良い商品だと思い、とにかく保障をつけまくっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
保険は現状の生活を最低限の保障をしてくれるためのものであり、いざというとき、より生活を満足させるものではありません。

父親に高額な死亡保障をつけるのは当然ですが、子どもに高額な死亡保障は必要でしょうか。

保険料を見直すには、自分達に必要な保障を、一度考えておいたほうが良いでしょう。

保険の見直しで注意すべき点

保険を見直す場合、不必要な保障を次々削っていくと、保険の料金はビックリするほど、割安にすることが可能になります。
しかし、必要である保障も削ると、もしものときに保険金の支払いを受けることができず、何のために保険に加入しているのか分からなくなってしまいます。

毎月の保険料で生活を圧迫している場合は、できるだけ必要ない保障を削っていきますが、何か起きたときのことを考えて、最低限必要となる保障は、つけておきましょう。

いくら保険料が割安になっても、肝心の保障が削られていたのでは、あまり意味がありません。

保障される病気やケガなどの範囲を狭めてしまったり、入院給付金が支払われる日にちに制限がかかっている保険などは、保険代は安くなりますが、十分な保障は受けられないかもしれません。

今流行のダイレクト保険の特徴

保険の見直しを考えたら、まずは保険会社に相談といきたいところですが、昨今は保険会社も増加しており、簡単に保険会社を選択するのは難しいものです。

また、保険商品の数も多いため、自分一人で保険の見直しをするのは、かなり保険に精通している方でないと難しいでしょう。

最近は格安価格で保険に加入できる、インターネット専業の保険会社や、保険会社のダイレクト保険などもあるため、魅力的にうつるものですが、ダイレクト保険の特徴を理解していないと、万が一のとき、保険金がもらえないこともあります。

ダイレクト保険は一般の方に分かりづらい特約などが少なく、単体商品として販売されているため、保険の内容自体は分かりやすく構成されていることが多いものです。

しかし、いろいろなことを想定した場合、特約などで、より保障内容を強化したいと考えると、ダイレクト保険は不向きかもしれません。

最近では、特約が付けられるダイレクト保険も登場していますが、普通の保険に比べると、やはり保障内容が弱いのがデメリット点といえるでしょう。

特に病気になる可能性が高い高齢者にとっては、いろいろな保障をつけられない保険は、不向きといえるかもしれませんね。

自分の生活に合う保険を選ぶのが重要

保険は一人一人に合わせた保障内容のものを選ばなくてはなりません。

家族構成や家族の経済状況、ライフプランにより、その人に合う保険というのは異なってくるものです。
今の保険が満足いくものかどうかは、見直しをしてみないと分かりません。

子どもが小さな頃に加入していた保険は、子どもが大きくなると、当然、見直しをしなくてはなりません。
子どもの教育費が必要でなくなってくると、父親の死亡保障も同じように必要なくなってきます。

必要な保障も、家族構成が変わっていくとともに、変化してきます。

いろんな保険会社の保険を比べてみて、今の状況に合った保険に変更することが理想的でしょう。

最近はインターネットで各保険会社のサービス内容を比較できることができますので、比較するとともに、資料請求や見積書を取り寄せてみるのも良いでしょう。

一括で複数社からの資料請求をできるサイトなども、数多くありますので、気になる保険がある場合、最初に一括請求しておきましょう。

また、会社によっては、ファイナンシャルプランナーを常駐させておき、常に保険相談をできることもあります。

電話で無料相談を受け付けている会社もあれば、自宅に訪れてきて、相談を受けてくれる会社もありますので、気になる商品があれば、無料保険相談サービスから申し込みをしてみるといいでしょう。