生命保険の更新で保険料を節約するポイント

投稿日:

生命保険の更新で保険料を節約するポイント

保険に入るときは保険料をよく見て吟味しますが、中には外交員に勧められるまま契約し、数十年先の保険料まで考えて入らなかったという人も珍しくありません。

しかし、年齢が上がるたびに保険料が増加するという保険もあるのです。

加入してから年月が経ち、保険が更新されたら驚くほど保険料が高くなったということがないように、気をつける必要があります。

ここでは、生命保険の更新時期で気をつける点と保険料を抑えるポイントについて解説いたします。

保険の更新は保険料アップに注意

保険は保障される期間によって2つの種類に分けられます。

加入から保険料が生涯変わらない「終身型」と、10~15年くらい経つと、そのたびに年齢で保険料を再計算する「定期型」です。

年齢が上がればそれだけ疾病にかかるリスクや死亡するリスクが上がるため、定期型は更新すればするほど保険料が高くなるというデメリットが存在します。

若いうちに保険に入り、安いから安心だと思っていたら、やがて保険料が何倍にもなり、家計を圧迫してしまうというケースが実際に報告されています。
そのため、定期型の保険に加入している人は注意をしなくてはいけません。

自分が加入している保険の保障がいつまでなのか忘れてしまったという人は、保険証券などでもう一度確認しておきましょう。

保険会社からすれば、更新型のほうが定期的に年齢に合わせて保険料を上げられ、受け取る金額が増えるのですから、積極的に更新型保険を勧めてきます。
また、現在の日本では保険の予定利率は下がる一方です。

昔の保険のほうが、予定利率が高く、たくさん割り引きされた会社にとってうま味の少ない保険ということになります。

更新を行えば、それを現在の市場金利にあわせた低い予定利率の保険に直すことができるため、保険会社は二重の意味でも更新型のほうがおいしいのです。

保険会社から直接勧められる保険へ更新するときは、予定利率など確認してどちらが得か冷静に判断しましょう。

保険を更新するときのポイント

生命保険を更新するときには、転換を勧められることが多いです。
転換とは、保険の見直しのことです。

今入っている生命保険の解約返戻金を頭金にし、新たな保険に入り直すことが多く、一見すると年齢の割には保険料がやや安くなるため、お得なような気がします。

しかし、よく注意しておかないと、じつは割安な終身保険の契約を終了させられて、割高な保険に入りなおさせられていたということも珍しくありません。

更新時に転換を勧められたら、まずは警戒し、できるだけ避けるようにましょう。

特約のみ定期型の場合の更新ポイント

終身型の保険に入っていたのに、特約だけ定期型だったため、更新が必要だったというケースも存在します。

この場合は、見直しによって終身保険を解約してしまうのは明らかに損です。
終身保険を契約している人は気をつけてください。

それにはまず、自分がどのような保険の契約をしたか、きちんと理解する必要があります。

保険証券を見ても、よく理解できない。
そろそろ更新時期が来るけれど不安だという人は、ファイナンシャルプランナーや保険無料相談サービスなどで、プロからアドバイスをもらうといいでしょう。

ただし、保険会社直属の保険無料相談サービスの場合、自分の会社の不利益になることは伝えてきません。
そのため、無料保険相談サービスを活用するときは、複数社の保険を扱っている保険代理店で申込み、中立な立場から保険のアドバイスをもらいましょう。

保険の更新はデメリットだけではありません。
更新時期が来たということは、契約から十年ほど月日が経ち、保障内容が現在のあなたに合わなくなってきている可能性があるのは事実です。

どのような保障が合わなくなってきているのか、ファイナンシャルプランナーや保険のプロの人に相談して、適切な保険の見直しをするにはどうしたらいいのか聞いてみるのもいいでしょう。

保険の更新時に費用を抑える方法

忙しい人の中には、生命保険は自動更新してしまうという人がいますが、それでは保険会社が希望するまま保険料が高くなってしまいます。

少しでも費用を抑えたいなら、きちんと理解して、自分が納得する更新をするようにしましょう。

これまで契約していた保険だからと安易に更新せずに、いろいろな会社の保険を見比べてみることも大切です。
たとえば、終身保険の生命保険だけはこれまでの会社のままにして、更新型の特約は別の会社にしたほうが、自分にあった内容で、費用も抑えられることもあります。

他には、生命保険がたくさん必要となるのは、扶養している子供がまだ幼いときです。
成人するまでの養育や、教育には多くのお金が必要となります。

子供が大きくなればなるほど成人までの期間が短くなるので、必要なお金は少なくてすみます。

死亡保障額が徐々に減るタイプの保険は、ずっと一定額の保険と比べると保険料が安いです。

子供には、大学まで教育を受けさせたいのか、高校を卒業したら働きに出て欲しいのか先のことまで考え、すべての子供が独り立ちする頃には死亡保険が少なくなるような保険を選択すると、費用を抑えることができます。

まとめ

そもそも、保険の更新は少ないほうが保険料がアップする機会が少ないです。

もっとも重要な死亡保障だけは保険料が高くなる年齢の前に終身保険にしてしまう、更新期間までが長い保険を選ぶ、など先に手を打っておけば、更新のたびに戦々恐々とする必要はなくなります。

このように、生命保険の更新は、現在入っている保険会社の話だけを聞いていては損してしまうことが多いです。

少しでも保険の負担を減らしたいのなら、まずは保険の見直しからはじめましょう。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.