個人年金保険のメリットとデメリットのすべて

個人年金保険のメリットとデメリットのすべて

普段、生活をしているときには、あまり必要性の感じられない保険ですが、周囲で保険が必要となる事故や入院などがあると、自分の加入していた保険内容について、不安に感じてしまうものです。

生命保険というと、以前は社会人になると、誰もが加入するものと思われていたものですが、最近では社会情勢の不安定さに不安を感じ、加入していないという方も増えてきました。

また、未婚率も年々上昇しており、保険への加入の必要性を感じない独身の方も増えています。
とはいえ、保険の重要性を感じていないわけではありません。

いざというときは必要だということは分かっているものの、きっかけがなくて、つい加入を先延ばしにしている方が多いと言えるのではないでしょうか。

実際に保険が必要だと感じるのは、あまり現実になってほしくはないですが、やはり病気になってしまったときや、事故などにあって入院や手術が必要になったときです。

もし保険に加入してなかったら、全てを実費でまかなわなければならないだけでなく、休んでいた間の収入の保障もされません。

こういったことを考えると、保険への加入は必要だと実感するものです。

公的年金の信頼性

生命保険にはいろいろな種類がありますが、将来的なことを考えた場合、老後に保険金を受け取るタイプの個人年金保険がおすすめだといえます。

現在、公的な日本の年金制度はお世辞にも信頼できるものといえません。
高い年金を支払い続けても、この先、年金が確実に受け取れるかどうか不安に感じている若い世代の方も少なくありません。

また、職場の退職金制度も崩壊しつつありますので、こうなると老後にどうやって生活していけばいいのか、分からなくなりますよね。

個人年金保険に加入していると、満期を迎えたあとに、年金を受け取れたり、自分で指定した時期に年金を受け取れることが可能になります。

将来のことを考えて、貯蓄をしておきたいと思う方は多いものですが、実際に貯蓄を継続していくのは、なかなか難しいものです。

しかし、保険の支払いだと、意外に継続できることが多いものです。

個人年金保険のメリットとデメリット

では、個人年金に加入した場合のメリットとはどんなものなのでしょうか。

一つは自分が積み立ててきた料金より、多く年金を受け取ることができるといった点になります。
もう一つは、個人年金保険の控除を受けることができるため、税金を軽減させることが可能になってくるということです。

低金利時代に突入して長らく経ちますが、普通に貯蓄しているだけでは、お金が増えることはまずありません。

その点、個人年金に加入した場合、今の銀行の金利よりは期待できると言えますが、変額個人年金か、定額個人年金かによっては、受け取る年金額に変動が生じます。

また、中途解約したときは、解約返戻金が積み立ててきた金額より、低めになってしまうこともあります。

個人年金保険は受け取りを始めた場合、所得税になるということも踏まえておかなくてはなりません。
そのため、課税対象になることを、しっかり頭に入れておくようにしましょう。

変額年金と定額年金の違い

定額個人年金の場合、加入した時期の金利によって、年金額が変動しますので、社会情勢により、金利が変動してしまうと、銀行の預貯金よりも金利が低くなってしまうことも考えられます。

今後の社会情勢を見極めておかないと、受取額に大きな差が出ることもありますので、難しい点もあります。

一方で変額個人年金の場合、保険会社の運用によって、年金額が大きく変わってきます。
保険である前に、投資信託の一面も持ち合わせていることを理解しておかないと、損をしたと後悔してしまうこともあります。

個人年金保険に加入するということは、老後の年金を確保できるといった安心を手に入れることはできますが、それまで高額な保険金を支払い続けなければならないといったデメリット点もあります。

どれほど将来が不安だとしても、現在の生活レベルに負担がかかりすぎるようであれば、それはそれで問題ですよね。

ライフプランをしっかりたてておいた上で、自分が支払い続けられる保険金がいくらなのか、算出しておいたほうが良いでしょう。

無理をして高額な保険に加入すると、結局は途中解約せざるを得ないこともありますので、自分のライフプランを決めておくことは重要です。

現在、独身でいる場合、収入は自由に使えるものですが、将来的に結婚をすると、そうもいきません。
そういったこともしっかり計算しておいた上で、どういった個人年金保険に加入するか考えたほうが良いでしょう。

まとめ

個人年金保険によっては、定額の保険金を支払い続けなくてはならないこともありますので、生涯、支払い続けていける金額なのかどうか決めておきましょう。

また、生命保険全般については「生命保険のメリットとデメリットのすべて」の記事でさらに詳しく解説していますので、良かったら合わせてご参照ください。