がん保険の賢い選び方の秘訣

がん保険の賢い選び方の秘訣

がんは日本人の2人に1人がなる病気です。高齢になってからかかってします人がほとんどですが、若年性や中高年の方でもがんになる人はたくさんいらっしゃいます。

そこで重要視されているのががん保険です。テレビなどのCMでも一日に一度はがん保険のCMを目にするのではないでしょうか。

これほどまでに世の中にがん保険が多く存在していると、どこの会社を選ぶのがよいのか、いつ頃から加入した方がよいのか、適正な月額料金はいくらなのか、といろいろと疑問に思うことはでてくると思います。

そこで今回は、がん保険はどのように選ぶのがよいのか解説いたします。

がん保険を選ぶときの流れ

がん保険を選ぶ際の基準として、以下のような流れをおすすめします。

保険内容の選択→保険期間の選択→商品の選択→保険料の選択

保険内容の選択

まず最初の保険内容の選択ですが、自分が必要だと思うがん保険の保障を選択することから始めましょう。
保障内容の例をあげますが、がん診断の一時金、入院給付金、手術の給付金、そして通院の給付金といったものがあります。

がん診断の一時金とは、がんと診断された時点で、一時金として保険金が支払われます。
一般的に100万円から300万円の中で設定します。

これが一番保険料の内訳でも大きな要素なので、一時金をどれほど受け取るのかで、月々の保険料は大きく変わります。

入院給付金

次に入院給付金ですが、がんで入院した場合の一日あたりの保険金の設定です。

一般的に1万円から3万円の間で設定することになります。
がんでの入院は平均すると、2週間から3週間の間が多いため、それを踏まえて決めるとよいでしょう。

がん手術の給付金ですが、一度の手術でだいたい20万円前後の保険金が支払われることとなります。がんは手術で取り除く場合がありますので、これも保険内容に入れておくのが無難です。

通院給付金に関しても、がんになると病院に通う回数が多くなり、また薬も高額になるため、1日1万円は受け取れる程度にしておきましょう。

また余裕があれば、先進医療を受けた際に対応してくれる特約や、抗がん剤特約も加入を検討した方がベターです。

保険期間の決め方

がん保険には、保障対象期間を定めることができ、主に10年間のような定期型のものと、一生涯保障する終身型のものに分かれます。

定期型のものは、保険料の払込期間も保険期間と同じ年数になることが多く、その分月々の保険料は安くなります。

逆に一生涯タイプのものは、終身まで保険料を払い込みしてくれるものと、60歳などの決められた期間まで保険料を払い込みしてくれるものがあります。こちらは定期型のものと比べて割高になります。

みなさん自分の年齢と照らし合わせて、どちらを選択するか決めていることがほとんどです。

定期型のメリット

定期型を選ぶ人であれば、例えば現在自身が40歳で子供が10歳、子供が成人するまでの間は保障してほしいという場合に10年間だけ加入することができます。

メリットは、何より保険料が割安なことと、将来的に保険の乗り換えがしやすい点です。

デメリットは、保険を更新した時に保険料があがること、ある一定の年齢から更新できなくなるケースがあることです。

終身型のメリット

終身型を選ぶ人は、50代頃から早めに老後に備えて加入しておきたい、健康な状態のうちにすんなり加入したいという人が選ぶことが多くなります。

やはりあとあとがん保険に加入できるかどうかわからないよりから、加入できる状態で一生涯の保障を得たいという、より安全策を取りたい時に選ぶものです。

メリットは、解約しない限り一生涯保障が続き、更新もないため保険料が上がらないことです。

逆にデメリットとして、保険料が上がらない代わりに、定期型に比べて割高になってしまうことです。

月々の支払いはいくらぐらいが妥当か

自分がどんな保障を付けたいのか、また保険期間は定期型か終身型かを決めたあとはいよいよ保険会社を選びます。

どの会社を選べばよいか、というのは人それぞれの好みとなるため、一概には言えません。

無料保険相談サービスで相談したり、誰かから紹介された会社で契約したりと、そこは人それぞれの方法で構いません。

もしそれでも決めるのが難しい場合は、月々の支払いがいくらぐらいが妥当なのかを考えて、そこから絞っていく方法もあります。

保障内容や加入する年数、および定期型か終身型で保険料は細かく変わります。
そのため、複数の会社のサービスを、まったく同じ条件で保険料をシミュレーションしてもらうのが良いでしょう。

とはいえ、そこまで保険料に大幅に差が出るものでもありません。
20代から60代の間で考えた場合、月々の支払いは、1,000円から5,000円の間でおさまるようにするのが妥当です。

まとめ

がんは生活習慣の積み重ねでなってしまう病気ですが、いつ自分の身に起きるかなど誰にもわかりません。
それゆえ保険は加入しておいた方がよいと言われております。

しかし、保険にかかる費用は、人生で二番目に高い買い物と言われるほど、負担が大きいものです。
若いうちはがんの発症率は低いため、経済的に苦しいのであれば無理に加入することはありません。

自身の健康状態と比較しながら、いつ頃から加入した方がよいのか、家族と相談するなどして備えておきましょう。