医療保険の掛け捨て型と積立型どちらがいいの?特徴と判断基準を解説

医療保険の掛け捨て型と積立型どちらがいいの?特徴と判断基準を解説

医療保険には、「掛け捨て型」と「積立型」の2つのタイプが存在します。

はじめて医療保険に加入する人は、どちらのタイプがいいのか迷いますよね?

ここでは掛け捨て型と積立型の特徴や判断基準などについてご紹介します。

保険料を安くしたい人は「掛け捨て」貯蓄したい人は「積立」があっている

結論から先に言ってしまうと、月々の保険料が安く保障をしっかりと受けたい人は、掛け捨て型の医療保険が向いています。

一方で、保険料が高くても貯蓄ができて保障も受けたい人は、積立型の医療保険が向いています。

どちらがいいというよりも、あなたのライフスタイルにあった医療保険を選ぶことが大切です。

掛け捨て型も積立型も一長一短があります。

次からは、それぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。

掛け捨て型医療保険の特徴

掛け捨て型医療保険は、満期時または解約時に戻ってくるお金がない保険です。

そのため支払い続けた保険料が無駄になると思い込み、「掛け捨て」と言われています。

しかし戻ってくるお金、つまり「解約返戻金」がないので月々に掛ける保険料が積立型と比較するとかなり安くなっているのです。

また掛け捨て型医療保険は、安心を買うという意味合いで加入する考え方もあります。

保険料が安くても、保険期間中に手術や入院になったときは、しっかりと保障を受けることができます。

掛け捨て型のメリット

  • 月々の保険料が安い
  • 保険の見直しがしやすい
  • 保障内容が充実している

掛け捨て型のデメリット

  • 解約しても保険料が戻ってこない

積立型医療保険の特徴

積立型医療保険は、支払われた保険料を積み立てしてくれる保険です。

解約時には、支払い続けた保険料の一部が「解約返戻金」として戻ってきます。

入院や手術の保障があって、少しだけでも貯蓄したい人に向いている保険です。

積立型のメリット

  • 解約時に一部の保険料が戻ってくる
  • 医療保障をつけながら貯蓄ができる

積立型のデメリット

  • 月々の保険料が高い
  • 戻ってくるお金が掛け金よりも下回る
  • 補償内容が少ない

掛け捨て型と積立型で保障内容に大きな差はない

掛け捨て型医療保険と積立型医療保険の保障は、大きく差が開くことはありません。

基本的な保障である「入院給付金」や「手術給付金」、「通院給付金」などは、どちらのタイプで扱っているので、過不足なく保障を受けることができます。

しかし保障範囲の広さや商品数で比較すると、掛け捨て型医療保険の方が圧倒的に多いです。

掛け捨て型医療保険を選ぶときは、保険比較サイトなどを活用して商品をしっかりと検討するようにしましょう。

一方の積立型医療保険の場合は、そこまで商品数がないので気になる医療保険のパンフレットをすべて集めて、保障内容と解約返戻金がどの程度戻ってくるのか、しっかりと検討してから選ぶことが大切です。

まとめ

掛け捨て型医療保険と積立型医療保険では、医療保険に求める目的によって選択がことなります。

どちらが正しいというよりも、いまのライフスタイルにあった医療保険を選ぶことが大切です。

まずは医療保険の保障をしっかり確認して、どの保障があれば安心できるか検討しましょう。

そのあとに掛け捨て型か積立型を選ぶことで、医療保険本来の役割を見失うことなく選ぶことができます。