節税対策!保険の見直しで家計負担を減らす

投稿日:

節税対策!保険の見直しで家計負担を減らす

世の中の不況は未だに収束を見せることはなく、消費税をはじめとしたさまざまな税金も何かにつけて増税を続けています。

それぞれの家庭の所得もそれにあわせて増えていくわけでは当然なく、それぞれが四苦八苦しながら家計をやりくりしているのが今の時代です。

保険とは「住宅」に続く人生二番目の大きな買い物であり、その「大きな買い物」の値段を少しでも抑えることができたならば、私たちも生活も少しは楽になる、ということができるかもしれません。

保険を見直すのにきっかけが必要なわけではありません。
思い立ったなら、いつでもそれは見直すべきです。

将来の万が一の際の安心を保障するために保険に入るにも関わらず、結果今現在苦しい思いをするのは本末転倒である、ということができます。

「保険」とはあくまで私たちの生活の補助を担うものであり、それ自体が主体となるものではないのです。

家計を保険料の支払いに合わせて切り詰めるというのも全くおかしな話であり、それぞれの家庭の事情にもよりますが、支払いは楽にストレスなく行っていけるのが一番なのです。

そのためにも、現状少しでも保険料の支払いに苦労している部分があるのであれば、保険の内容、つまり保険料は適正なのか、保障の内容は本当に自分たちが希望している通りのものなのか、少なすぎないか、多すぎないか、などを真剣に吟味する必要が、人生の随所で出てくるのです。

家計を助け、家族の生活を安楽なものにしてくためにも、自分にとってベストな保険を見極めていけるよう検討していきましょう。

死亡保障を見直す

夫婦の場合だと、それぞれが加入している保険証券に記載されている「死亡保険金額」と「保険期間」を確認します。

死亡保険金は普通死亡と災害死亡で金額が異なる場合もありますが、そのような場合には金額の少ない普通死亡の金額を確認します。

二つ以上の保険に入っているのであれば、全部の金額を合計します。

自分に必要な金額というのは、それぞれの家庭の環境や背景で異なるものです。

大体どれくらいの額が必要なのかはインターネットなどで大体の目安が確認できるので参考にしましょう。

金額が目安より多いのであれば「減額」、少なかったら「増額」が必要だと思われます。また、「保険期間」も当然重要です。

必要な時期に保障されないのであれば、保険に入っている意味がないと言っても過言ではありません。

自分に万が一のことがあった場合、少なくとも子供が成人するまで保障はされるのか、または大学を出て独立するまでなのか、それも家庭によりさまざまです。

これらを加味しながらしっかりと検討していくことが重要です。

検討の仕方は「増額」「減額」がありますが、他にも「入り直し」という方法があります。

その名の通り、現状の保険を解約し、適正な保険金額と保険期間の保険に入ることです。

割安な保険について

死亡した際に、高額な保障を受けることができるにも関わらず、保険料が割安な「収入保障保険」があります。

これは死亡保険金は月々分割で支払われ、受け取れる保険金の総額は加入直後がもっとも高く、その後年数を重ねるごとに減っていく、という特徴のものです。

これにより、当初の保険金額や保険期間が同じものより保険料は割安となっています。

また、たとえば「たばこを吸わない人は保険料が安い」などといった「リスク区分料率」を取り入れている商品も割安です。

健康を損なうリスクが低いので、当然保険料も安くなっています。

たばこを吸わない人などにはおすすめの保険ということができます。

最近CMで話題のインターネット保険も経費が掛からない分安い保険料を設定することができています。

入り直しを検討している際は、ぜひこれらの保険も検討してみるべきです。

定期保険とは

定期保険は、どのタイミングで万が一の事態が起こったとしても、同じ金額の保険金を受け取ることができる保険です。

掛け捨てのため保険料も割安となっています。

「定期」というのはつまり保険期間が固定されていることであり、大体長くても10年から20年くらいです。

もし必要な保険金額が1000万円ほどであり、期間も10年から20年程度でいいのであれば定期保険で十分であるといえます。

これがインターネットの定期保険であれば、保険料もぐっと抑えることができます。

医療保険の見直しについて

医療保険についても当然見直しが必要です。

医療保険に関しても死亡保険と同様に、保険証券を確認し、特約か単体保険かの確認を行います。

特約保険は大体10年ごとの更新になっており、年を追うごとに当然保険料も上がっていきます。

なるべく早いうちに終身保険に入り、保険料が上がっていくのを抑えることも重要です。

保障期間も重要であるため、定期型であるならば、終身型への入り直しも検討する必要があるかもしれません。

医療保障が入院日額が大体5000円以上あれば問題はありません。

これを終身保険として加入しておき、それ以上の先進医療や入院日額の追加などの保障は定期型の上乗せで加入するのが賢明なやり方です。

まとめ

これらのようなことを材料に、今現在加入している保険をもう一度検討してみてはいかがでしょうか。

税金はますます上がり、今後も家計は圧迫されていきます。

抑えることができる部分はしっかりと抑えていって、少しでも余裕のある暮らしを送っていきたいですね。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.