生命保険の「掛け捨て」と「積み立て」どっちがお得?

生命保険の「掛け捨て」と「積み立て」どっちがお得?

自分自身のため、そして家族のために生命保険は加入した方がよいと言われております。

若いうちは無縁かもしれませんが、年齢を重ねると、周囲が加入したり色んな人に勧められたりして、生命保険の加入を検討する時期がやがてやってくるのです。

その前に知っておきたいのが、生命保険には「掛け捨て型」と「積み立て型」があることです。
言われなくても知ってるよという人もいれば、何となく言葉は聞いたことがあるが詳しくは分からないという人もいるでしょう。

ここでは、この二つのタイプの違いについて、詳しく解説していきます。

生命保険の掛け捨てと積み立ての違い

それぞれの具体的な意味から説明していきたいと思います。

掛け捨て型の特徴

掛け捨てとは、支払った保険料に対して、解約時や満期時に保険金として戻ってこないものを指します。

これは保障内容を重視しており、貯蓄にあたる部分が保険料に含まれないため、その分保険料は割安になっているのです。
しかしその反面、更新ごとに保険料が上がってしまうという一面もあります。

積み立て型の特徴

次に積み立てですが、支払った保険料が、解約返戻金や満期時の保険金として戻ってくるものです。

もちろん貯蓄という部分が含まれる事から支払う保険料は割高になってしまいますが、金額がずっと変わらず一定であるのが特徴です。

掛け捨てと積み立てのメリットとデメリット

では、それぞれの良い面と悪い面を見ていきましょう。

掛け捨て型のメリットとデメリット

掛け捨てのメリットは、やはり保険料が安いことであり、これが一番大きいです。
必要な保障に対してのみ保険料を支払っているため、ある意味効率的に支払いをしていることとなります。

保険料が少ないからといって、積み立てタイプに比べて保障内容が劣っているわけではありません。
むしろ、場合によってはそれ以上の保障を受けられることだってあるのです。

以前は、掛け捨てはもったいないと言われていたものですが、最近では効率よく保険料を支払って必要な保障だけ受けたい、という考えの人が増えております。

掛け捨て型のデメリット

一方デメリットは何でしょうか?
やはり支払った保険料が戻ってこないことが挙げられます。

解約してしまったり、満期を迎えても、支払った分はそのまま戻ってくることがありません。

もし一度も保険の保障を受けることがない場合、少しもったいないと感じてしまうかもしれません。

保険料の払込期間がそのまま保障期間となることがほとんどであるため、一定期間で保障が切れてしまうことも不利な点です。
もしそこで更新した場合は、保険料が上がってしまうこともあります。

積み立て型のメリット

積み立てはどうでしょうか。

やはり大きな利点は、解約時に返戻金が戻ってくることでしょう。
保障分にプラスして貯蓄分も保険料として月々支払っておりますので、解約する際にその積み立てた料金が戻ってきます。

しかし保障分に関しては戻りの対象とはなりませんので、中途解約した場合、それまで支払った保険料の総額より下回った返戻金となってしまうことがほとんどです。

しかし、契約内容や解約する時期によっては、支払った保険料の総額よりも多く返ってくることもあります。

貯蓄していることで利率分が上乗せされるため、支払った期間が長ければ長いほど、利率分が高くなります。
よって解約する時期が遅い場合、もしくは満期時に戻ってくる保険金は、総額より多くなる可能性があるのです。

積み立て型のデメリット

デメリットは、やはり保険料の高さです。
貯蓄分はいわば保障内容とは関係のない金額であり、本来の保険の目的から考えると割高になってしまいます。

また、さまざまな特約などをつけて保障内容を充実させると、支払う保険料の割合が保障部分に多くなってしまうため、積み立て分として受け取る保険金が、支払総額下回ることがあるのです。

生命保険の掛け捨てと積み立て結局どちらがお得?

では結局どちらのタイプに加入すればよいのでしょうか。

これはどちらが損でどちらが得かといったことではありません。
たとえば30歳の方が、それぞれのタイプで30年間支払続けた場合の金額で比較しましょう。

掛け捨てタイプについては、総支払額が約75万円に対して、積み立てタイプは総額約375円となりました。
これはおよそ5倍違い開きがあります。

ただ、積み立て型はここから、解約返戻金がありますので、375万円のうち戻ってくる分があります。
もちろん会社によって戻ってくる金額は異なります。

今回シミュレーションした保険のタイプでは、60歳になって支払期間が終わってすぐに解約した場合、約400万円戻ってくるという結果となりました。

その点からみると、きちんと満期まで支払い続け、それまで解約しないということを前提とすると、積み立てタイプの方が金額的には得をするのです。

まとめ

一生涯保障が必要であり、保険料も満期まで支払い続けることができるのであれば、積み立て型のタイプがおすすめです。

一時的な保障だけでよかったり、貯蓄は別の形で行いたいのであれば、掛け捨てで問題ありません。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、掛け捨てか積み立てかは、自分のライフプランで決めた方がよいでしょう。

自分の収入や、就業状況、家族構成、健康状態といった事柄も踏まえて検討しなければなりませんので、保険の選び方はそれだけ慎重に行わなければなりません。

もし自分一人では決めきれないと思ったら、一人で抱え込まずに無料保険相談サービスを活用して、保険のプロに相談してみることをおすすめします。