女性向けに特化した保険の特徴と必要性

投稿日:

女性向けに特化した保険の特徴と必要性

最近よく聞くようになってきているのが女性向けの保険です。

男性と女性では身体のつくりが少し異なります。
そのため、病気などにも若干の違いがでてきます。

最近よく聞くのが乳がんや子宮がん、また卵巣がんといった病気です。

最近はこれらの病名をいろいろなところでよく聞くようになっているのではないでしょうか。
女性は30歳を過ぎるとこれらの病気に注意が必要になってきます。

特に国がこれらの検診を定期的に受けるように推奨したり、検査の費用を無料にしてくれることを考えると、それだけ発症率も高くなってきていて、問題視されているということなのです。

女性に向いている保険

女性特有の病気の発症率が高くなっているため、それらをカバーするための保険も考えなければならなくなってきているのです。

実際に保険会社の販売する保険にもこういった女性向けの商品が増えてきているので、それらも含めたうえで保険をいろいろと検討しなければなりません。

実際に30歳以上から注意する必要があるといっても、20代であれば問題はないということではありません。

実際に数は少ないですが、20代でも発症することはありますから、20代の内からこういった保険については真剣に考える必要があるということなのです。
もちろん、30代以上であっても、現在の保険内容では不安ということもあるでしょう。

保険をもう一度、見直してみることで、こういった不安部分の保障を追加することもできるのです。
ただ、これらの保険の知識のあまりない人が、全て自分で判断してどれが必要で、どれが必要でないのかを判断するのは大変です。

こういうときは、プロに相談するのも一つの方法です。

保険選びには無料保険相談サービスをフル活用する

保険を相談したいと思うのなら、保険会社の窓口よりも、無料保険相談サービスを使ってみるのが良いかもしれません。

保険窓口だと、やはり自社の保険商品だけになってしまいますし、相談というよりも加入してもらうための勧誘という意味合いが強くなってしまいます。

無料保険相談サービスならば、特定の決まった一社の保険会社ではなく、さまざまな保険会社の保険商品を扱っているので、特定の保険に勧誘するといったことはありません。
また、身近な立場にたって相談にのってくれます。

要するに自分のライフプランを相談しながら、適切な保険を紹介してくれるサービスなのです。

このサービスは無料ですし、自宅に訪問してくれて相談を受けることもできるのです。

女性は生活スタイルによって、自宅にというのは抵抗のある場合もあるでしょう。
そういうケースでは、自宅ではなく、勤め先であったり、近くの喫茶店といった自分の好きな場所に呼ぶことができるのです。

もちろん、プライバシーも守ってくれるので安心して相談することができるのです。

一般的に、保険は検査で引っかかったり、すでに発症して治療を受けたことがある場合、加入できないこともあります。

ですが、保険によって、そのときの状態次第で加入できるものもありますから、自分で入れないだろうと考えるのでなく、保険を扱うプロに相談しましょう。

無料保険相談サービスを活用する方法

保険無料相談サービスには店頭で行うものと、訪問してくれるものがあります。

どちらの場合でも保険のプロであるファイナンシャルプランナーが相談相手となりますから、気軽に相談することができます。

周辺に店舗があるなら、店舗まで行っても構いませんし、近くになかったり、忙しくてなかなか行けないといった場合は、訪問してみるのもよいでしょう。
ただし、どちらの場合も事前に予約が必要になります。

お店で相談したい場合は、予約なしでも空いていれば、すぐに相談が可能な場合もありますが、基本的には予約者が優先されるので、待たされることも少なくありません。

ですから、店舗の場合でもきちんと予約をしてから行くほうが無駄な時間がなくてすみます。

保険の新規加入であれば必要ありませんが、見直しの場合、現在の保険の内容のわかる契約書などの資料が必要になります。

保険を見直そうと思った場合、まず、今加入している保険を、もう一度見直してみることから、スタートします。

現在の保険の保障内容で不足しているもの、また余剰なものなどをアドバイスしてくれますから、それに合わせて見直して行けばよいのです。

また、1度の相談は平均で1~2時間なので、時間内に相談しきれない場合もあります。
こういうときは、再度相談すればよいのです。

まとめ

基本的には何度相談を受けても無料ですから、自分自身が納得できるまで、何度も相談を受けてみましょう。

保険をどれにするかを決めるのは、ファイナンシャルプランナーではなく、あなた自身なのです。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.