持病でも生命保険に加入する方法

投稿日:

持病でも生命保険に加入する方法

いざという時のために入っておきたい生命保険ですが、現在持病持ちの人は、自分でも入ることができるのだろうかと心配になると思います。

実際に持病を持っている方は生命保険に入ることが難しくなるというのは事実です。保険会社としてもやはりリスクを持っている人を審査で通すことはなかなかできないのです。

しかし、現在は持病持ちでも加入することができる生命保険が用意されております。それはどんなものなのか、また通常の保険とはどんな違いがあるのか、詳しく説明していきたいと思います。

持病があると生命保険に入ることが難しい理由

その前に、なぜ持病があると保険に入ることが難しくなるのか、簡単に説明していきましょう。
大きく分けて三つの理由が挙げられます。

公平性がなくなってしまう

一つ目に、公平性がなくなってしまうということです。

生命保険はその名の通り、被保険者が死亡してしまった場合に保険を受け取ることができるものです。
これは保険加入者が可能な限り平等な環境で生存していることで成り立っている制度でもあります。

しかし、もし仮に持病を持っている人の加入を認めてしまうと、もしその病気が生命を脅かすものであれば、その方は他の人より保険料を受け取る可能性が大きくなってしまいます。

極端な例を挙げると、がんを患って余命を宣告されている人がいて、もしこの方が生命保険に加入すると、はるかに保険金を受け取る可能性が高くなります。

それこそ一年も支払われないうちに、高額な保険料を保険会社が支払うことになるのです。
保険会社としてはそれを防がなければなりません。

保険料の設定が難しくなる

二つ目の理由として、保険料の設定が難しくなることも挙げられます。

保険料というのは、ある程度どれぐらいの保険料が保険会社に入ってくるのか、そしてどれぐらいの生命保険を被保険者に支払うことになるのか、というデータを保険会社は計算した上で、月々の保険料が設定されております。

あくまで一般的な被保険者で統計しているため、もし通常より死亡のリスクが高い人ですと、保険会社が支払う保険料の方が割合が高くなってしまうことになりかねません。

必然的に月々の保険料を上げざるを得なくなり、そうなってしまうと保険料の設定がむちゃくちゃになってしまうのです。

悪用を防ぐ

最後に、悪用を防ぐ目的があります。

保険金目的で結婚をしたり、死期が近い人に無理やり加入させたりなど、本来の目的ではない使われ方がされてしまう可能性があります。

未然にそういったことを防ぐために、持病を持つ人の加入を制限しているのです。

持病があっても入れる生命保険

ただ、持病があると一言で言っても、症状の種類や重さなどから、さまざまな種類が挙げられます。
何でもかんでも拒むものではなく、中には持病持ちの方でも加入できる保険があるのです。

その一つに、「引受基準緩和型」の保険があります。
簡単に言うと、通常の保険よりも加入する条件を優しくしたものであり、別名シニア保険とも呼ばれております。

これは、通常保険を加入する際に保険会社に告知しなければならない項目が少なく、また既往症も保障してくれるものです。

他にも、「無選択型」と呼ばれるものがあり、これは、告知書の提出がまったく必要のないものです。
つまり、病気持ちであっても条件問わず加入できるものなのです。

通常の保険との違い

では、通常の保険とはどういった違いがあるのでしょうか。

まずは引受基準緩和型から見ていきましょう。

引受基準緩和型の特徴

まず、加入に際しての難易度は若干優しいとされております。

告知項目も3つから5つ程度とされており、定期型も終身型も選べるようになっております。

ちなみに告知項目は一般的に以下のようなものです。

  • 過去3カ月以内に入院、手術、検査をすすめられたことはないか?
  • 過去一年以内に入院や手術をしたことがないか?
  • 過去5年以内に、がんで入院や手術はしたことがないか?

通常は、自分自身が健康であることを証明するために、いくつもの書類を提出しなければなりません。
しかし、こうした質問に答えるだけで加入することができるので、非常にありがたいものです。

もちろん虚偽の申告はいけません。
もし後々虚偽であることが分かった場合は、契約を破棄される可能性があるため、正直に答える必要があります。

通常の保険と同じように、既往症を保障してくれたり、定期型と終身型を選べるため一見、通常の保険よりも良さそうに見えますが、その分、保険料が割高になってしまいます。

やはり、持病持ちを受け入れる分、どうしても保険料は高めに設定されてしまうのです。

無選択型の特徴

無選択型に関しては、もっとわかりやすいです。
上記で説明したような告知項目は一切ないため、極端な話、どなたでも加入することができます。

しかし、その分定期型しか選択できないということ、既往症の保障はしないというリスクもあります。
定期型しか選べないということは、更新するごとに保険料は上がっていってしまいます。

まとめ

持病持ちでも加入できる生命保険がある、ということはご理解いただけたかと思います。

ただ、通常の保険に比べて保険料の負担が大きくなったり、商品の選択も幅が狭くなってしまうのは、仕方のないことと言えます。

もし持病持ちでも生命保険の加入を希望している人は、自分が入ることができる保険の商品は何か、保険のプロが対応してくれる無料保険相談サービスなどで相談してみるとよいかもしれません。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.