医療保険のメリットとデメリットのすべて

投稿日:

医療保険のメリットとデメリットのすべて

保険への加入を考えた場合、まず最初に考えるのが病気やケガなどによって、入院をしたときに保障してくれる医療保険を考慮するのではないでしょうか。

医療保険だけでも、保障内容によって、いろいろな種類の商品が用意されています。

医療保険は基本的に、入院や通院したときの保障がメインとなっており、契約者本人が生存している間に給付金を受け取ることができる保険になります。

医療保険に加入している間は、病気やケガなどによる入院などの出費について保障されるのは、とても大きなメリットだといえるでしょう。

ここでは、医療保険のメリットとデメリット、そして特徴について解説いたします。

医療保険のメリットは保障範囲が広い

医療保険のもっともたるメリットというと、その保障範囲が広いということではないでしょうか。

さまざまな病気やケガに対応しているため、もしものことを考えたとき、一番安心できる保険といえます。

種類にもよりますが、多くは入院費額の給付や通院額の給付、手術費の給付に先進医療の給付など、多くの保障がされていることが多いです。

また、医療保険の中でも終身医療保険を選択すると、一定の契約期間を満了したあとでも、一生涯、入院や通院などの保障を受けることができるのは大きなメリットです。

病気、ケガなどのリスクは、年々上昇していきます。
一方で、定年後には収入が減っていくため、老後に必要となる医療費に不安を抱いてしまうものです。

終身医療保険は現役で働いている間に、保険料を払い終えることができるので、老後に医療費に対する不安を減らすことができます。

他にも医療保険に加入しておくと、確定申告で控除を受けることができます。

サラリーマンは年末調整で申告することによって、所得税と住民税の支払った金額を調整することができます。

医療保険のデメリットは健康でないと給付金に制限がかかることも

生命保険は既往歴について、過去から現在までの健康状態を確認されることになります。

医療保険の場合、これまでの既往歴の中で数年内に入院や手術があった場合、給付制限が設けられてしまうこともあります。

また、医療保険によっては希望する保障内容には加入もできないケースもありますので、まずは加入前に確認してみるのがいいでしょう。

先進医療保障を考える

医療保険の保障といっても、その範囲は広いので、全ての入院や通院などが保障されるということではありません。

病気の種類によっては、医療保険についていないこともあります。
その場合は、保険会社によって特約で保障をつけることが可能です。

しかし、病気やケガのほとんどの入院保障が受けられるため、特定な病気などの場合は、保障に入っているか確認をしておくといいでしょう。

また、先進治療が必要な高度医療を希望する方も多いですが、加入したい保険によっては、先進医療により治療費は保障されていないことがあります。

特約で先進医療保障をつけることによって、高額な治療の保障がされるため、つけておくといいかもしれません。
現在の保険料に数百円上乗せするだけで先進医療特約をつけることができます。

最近ではがん治療に先進医療が使われることも多く、もしがんになったとき、どれほどの治療費が必要になるのか不安な人も多いものです。

いざというときのことを考えて、先進医療特約は考えておいたほうが良さそうです。

まとめ

最近では既往歴による影響が緩い医療保険も登場しています。

通常の医療保険へ加入が厳しいのであれば、こういったものを考えてみるといいでしょう。

病気にならない限り、保険のことは考えないものですが、病気やケガをしていざ入院すると、実費負担はかなり痛手になります。

医療保険の加入を考えている人は、早めに検討するようにしましょう。

-医療保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.