これで納得!医療保険とがん保険の違い

これで納得!医療保険とがん保険の違い

保険ってなんだか難しいなと思っている人も多いですよね。
その理由に、保険の種類の多さがあげられます。

ついつい難しくて、勧められるままに適当に入っているという人も少なくありません。

でも、それではいざというときに十分な金額が支払われず、困ってしまうこともあるのです。

医療保険に入っていてもがん保険は必要?

最近、ガンを患っていると告白する芸能人が増えたこともあり、がん保険に注目が集まっています。

保険の話をすると、よく聞かれるのは、医療保険だけではダメなのかということです。

医療保険はその名の通り、さまざまな疾病やケガが対象となります。
もちろんがんも保障の対象内です。

けれど、オールラウンダーであるが故に、医療保険では細かなとことまでは保障されません。

一方、がん保険はがんの治療をするのにもっとも適した保障となっています。
がんは日本人の死亡率第一位であり、日本人の二人に一人がかかるといわれているほどメジャーな病気です。

知り合いががんを患ったことがあるという人も多いでしょう。

それだけかかるリスクが高いのなら、いざというときにために備えておいたほうがいいのは当然ことではないでしょうか。

がん保険の保障内容とは

医療保険が保障してくれるのは入院代と手術費だけですが、がん保険には次の保証がついてきます。

1.診断給付金

がんと診断されただけで出る給付金です。診断されてまず心配になるのは医療費のことでしょう。

契約によって差がありますが、100万円ほど給付されるため、頭を悩ませ慌てて金策に走る必要もなく、治療へとステップを踏むことができます。

また、がんは転移したり再発してしまうこともある病気です。

保険の中には診断されるたびに支払いされる保険もあるので、入る前に条件などをチェックするといいでしょう。

2.入院給付金

がんで入院した場合に支払われる給付金です。

他の怪我や病気と違い、がんは何日間の入院で退院できるとはっきりしにくい病気です。

ところが、医療保険の場合は、日数などに制限があることがほとんどです。

一方のがん保険なら、日数は無制限です。事前にちゃんと入っていれば、長引く入院日数に戦々恐々とする必要もありません。

3.手術給付金

手術のたびに出る給付金です。

保険の種類によって金額などは異なりますが、回数は無制限であるため、再手術も安心して受けられます。

4.通院給付金

通院のたびに出る給付金です。

近年ではなるべく自宅にいたいと希望する人が増えたこともあり、通院でがん治療をすることも珍しくないです。

ところが医療保険では、通院の費用までは保障してくれません。

けれど、がん保険に入っておけば通院費までカバーしてくれます。

ただし、入院後の通院を保障するものと、通院なら制限なく保障してくれるものがあり、さらには治療内容に条件がつけられている保険もありますので、がん保険に加入するときはチェックを忘れないようにしましょう。

5.先進医療特約

がん治療はまだ研究が進んでいる分野です。

なかにはどうしても先進医療に頼りたいという人もいるでしょう。
けれど、先進医療は保険が使用できないため、全額自己負担となり高額な費用が必要になります。

使うかどうかはわかりませんが、先進医療特約がついていれば、がんを患ったときの安心感が違います。

このように、がん保険はがんに特化した内容になっています。

再発や転移、治療の長期化など、医療保険だけでは、カバーできない面がとても多いのもがんの特徴です。

がん保険のメリット

多くの疾病やケガをカバーしてる医療保険の場合、持病があると入れないことがあります。
けれど、がん保険の場合は、がんに直接関係ない持病であれば、保険に加入することが可能です。

先ほども書きましたが、がんは日本人がもっともかかりやすい病気です。

どんな持病を持っていても、がんにかかる確率は変わりません。
医療保険を諦めていた人も、がん保険に入っておいたほうがいいでしょう。

また、ほとんどの病気や怪我は保険治療の対称内であり、3割負担で済むことが多いです。

しかも高額療養費制度もあるため、所得によって差はありますが、規定額を超えると残りは国が負担してくれます。

ところが、がんは保険対象外の治療となるケースがあり、その場合は高額療養費制度を使用できないだけでなく、全額負担をしなくてはいけません。

以上のことから、がん保険にはできるだけ加入しておいたほうがいいでしょう。

医療保険にもがん特約はつけられる

保険をこれ以上増やしたくないという人の場合は、医療保険にがん特約をつけるという方法もあります。

けれど、この方法ではがん保険ほど手厚く保障はしてもらえないので、そこは注意してください。
最近では高額療養費制度もできたことから、医療保険には入らず、がん保険にだけ加入している人も増えてきています。

まとめ

このように、保険はさまざまなことを考慮して、自分にあった保険を選ばなくてはいけません。

それには時間や労力がかかりとても大変です。同じがん保険といえども、企業によって微妙な差があり、理解することだけでも一苦労です。

しかし、保険は何年もかけ続けるものであり、合わせると相当な金額になるため、手を抜くなんてことはできません。
そこでおすすめなのが、保険の無料相談です。

利用すれば、お金をかけずにプロのアドバイスがもらえ、納得できる自分にぴったりな保険を見つけることができます。

医療保険課かがん保険どちらに入るかどうか迷ったら、アドバイスだけでももらいに行ってみてはいかがでしょうか。