子供保険の種類と役割

投稿日:

子供保険の種類と役割

結婚や出産といった生活の節目ともいえる時、喜びと同時に漠然とした将来への不安を抱くことがあります。

特に子供が生まれたときには喜びと同じくらいの大きな責任が親となったものの肩にのしかかってきます。

親の責任の中身とは、精神的な支え、食事や必要なものを与えるという物質的な支え、さらに教育を受けさせるための資金援助といったところでしょうか。

このうち、物質と教育についてはお金があればある程度解決でき、それに対する不安は解消されるでしょう。

子どもの教育にかかる費用

そもそも子どもの費用はいったいどれくらいかかるものなのでしょうか。

子どもがいる家庭の場合、やはり一番必要になるのは教育費です。
大体の目安を紹介したいと思います。

例えば、幼稚園から大学まで全て公立を選択した場合には1018万円、高等学校と大学が私立の場合には1363万円、すべて私立の場合には2368万円となります。

これらの教育費には学校教育費のほかに学校外活動費用、給食費、生活費等を含み、私立大学は文系の場合で計算しています。
よって、私立大学理系を選択した場合にはさらに、121万円プラスとなります。

このデータは、文部科学省「平成24年度『子供の学習費調査』」、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」(平成25年度)によります。

データから見ると、私立と公立では倍以上の開きがありますね。
この他にも塾に通わせたり、留学をさせたいとなってくると教育費はどんどん増えていきます。

子どもが2人、3人となると出費の時期が重なることもあるので注意が必要です。
そうなると、先々を見越したお金の計画を立てておくことがますます重要になってきますね。

さて、お金をどうやって用意するかが問題になりますが、具体的な方法は「貯蓄」と「保険」です。
もちろん他の方法もないわけではありませんが、おそらくこの二つが最も一般的でしょう。

貯蓄と保険にはどちらもメリットとデメリットがある

貯蓄のメリットは積み立てたお金に利息が付いて戻ってくることですが、デメリットは貯蓄には時間がかかるため、必要な時に必要な額が貯蓄できていない場合もあります。

保険の場合には逆にそのようなことは無く、契約直後から必要な時に必要なお金を確保できますが、満期を迎えたときに支払ったお金の一部または全部が戻ってこない場合があります。

ただし、これは保険の契約内容によっても変わってきます。

両者の性質をよく理解したうえで目的にあったお金の計画を立てることが有効だと思います。

子ども保険の保障内容

子どもにかかるお金を準備するのに、子ども保険があります。

子ども保険は、子供の将来の教育準備資金と、親にもしものことがあった時の保障も兼ね備えている保険です。

子どもが被保険者となって、父親若しくは母親が契約者となります。
また、祖父母が契約者になることもできます。

期間は子どもが18歳、ものによっては22歳になるまでです。

子ども保険は契約者が万が一亡くなった場合には保険料の払い込みが免除されます。
ただし、その場合でも保険契約は通常通り継続されるので、満期になれば保険金を受け取ることができます。

子どもが亡くなった時には払い込んだ額を受け取って契約は終了するのですが、何事もなく満期を迎えれば、満期保険金が受け取れるのでそれを教育費として使うことになります。

子ども保険の大きな特徴は、親に万が一のことがあっても教育費用を確保できる点にあります。
確実に教育費を準備しておきたい方は子ども保険を利用するとよいでしょう。

子ども保険には、満期までの途中に一時金がもらえるものやその他の保障が付いたものなど、種類はさまざまです。

一時金が付いたものの場合は、「祝い金」として幼稚園、小学校、中学校、高校に入学するときに数十万が支払われます。
入学時には何かとお金が必要になってきますから、数十万もらえるのは非常に助かりますね。

もらえる額や回数はものによって違ってきます。

その他に、子どもの入院や手術に備える医療保障が付いたタイプもあります。
ただし、実際に利用する場合に気を付けたいのは、元本割れをすることもあるということです。

「祝い金と満期保証金の合計額」÷「払込保険料総額」×100で計算したものを返戻率といいます。

返戻率が100%を切っていれば元本割れしているということです。
特に、特約の保障を手厚くする場合には、その保障が本当に必要かどうかを十分考えてから契約するべきでしょう。

また、子どもの生年月日によっては、満期保険金を受け取るのが入学時に間に合わない時もありますので、満期保険金をもらえる時期を確認しておくことが必要です。

まとめ

ここで紹介した保険はほんの一例に過ぎません。

保険の種類は、ライフスタイルの多様化に伴ってどんどん増えていっています。

自分に合った保険を見つけることが保険契約をするうえで一番重要になってきますので、多くの資料に目を通すなり、無料保険相談サービスを活用してみるのも良いと思います。

人生何が起きるかわかりませんから、リスクに備えたマネープランはある程度、立てておきたいものです。

-学資保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.