がん保険を見直すときのポイント

投稿日:

がん保険を見直すときのポイント

皆さんはがん保険には入っていますか?
癌は今や日本の三大疾病である「脳血管疾患」「心疾患」「癌」の中にも数えられている病気です。

現在日本では癌に罹患する人の数が年々と増加してきています。
医療技術に発達によって罹患者が減る病気はありますが、癌にかんしては年々増えていっているのです。

このような状況などもあり、がん保険は今や数ある保険の中でもかなりメジャーな保険です。

がん保険はその名の通り癌に罹患した際の治療費を保障してくれる保険です。
がん保険に加入しているからいつ癌になっても大丈夫、などと考えてはいないでしょうか。

がん保険の保障の内容は、癌の治療に関する世の中の動向であったり、医療技術の進歩によって千変万化しています。

がん保険に加入してから時間が経過しているのであれば、今現在自分が加入しているがん保険がどのような保障の内容なのか、そして今現在のがん保険の保障の内容がどのようなものなのかをしっかりと確認しておく必要があります。

がん保険の診断給付金の給付について

癌であると診断された時点で給付される「診断給付金」に関しては入念に確認しておく必要があります。

「診断給付金」は入院している際の治療費だけでなく、退院した後の通院費用であったり、仕事を休むことによって減ってしまう収入の補填にも使用されます。

また、いざ癌に罹患してしまったとなると精神的にもかなりなショックを受けてしまい、いろいろなことに手がつかなくなってしまったりするものです。

そのような際に少しでも支えになるのが「診断給付金」なのです。
よってこの「診断給付金」がどれくらいの金額支給されるかは非常に重要です。

まず最低でも100万円はあった方が安心です。
当然多いにこしたことはないのですが、そこを求めると当然にそれに合わせて保険料も上がっていくのでバランスを見て検討していくことが必要です。

また癌という病気の特質として、一度は治ったと思っても再発したり、転移したりすることも大いに考えられます。

そのような際に、その都度「診断給付金」を受け取れるのかも確認する必要があります。
そんな都合のいい話があるものか、とも思いますが、実は最近は複数回受け取れるタイプの商品も増えているのです。
がん治療の変化にともなう保険の変化

がん保険の保障の中には入院した日数に応じて支給される「入院給付金」というものもあります。

しかし最近では医療技術の進歩や、医療方針の変更により癌治療のための入院日数は短くなってきており、通院による治療へとシフトしてきています。
よって通院に対する保障がしっかりあるかも入念に確認する必要があります。

また、最近のがん保険で特筆すべきなのは、その付帯サービスについてです。ここでいくつか紹介したいと思います。

人間ドック、PET検診予約サービス

保険会社が提携している人間ドックやPET検診の施設の紹介や予約の代行をしてくれます。

また保険会社によっては人間ドックの優待サービスもあり、癌の早期発見の手助けとなっています。

がんカウンセリング相談

がん患者専門のカウンセラーが治療や生活について無料で相談に応じてくれます。

電話での相談もできますし、訪問面談による相談も可能です。

その時の病状であったりとか、本人の希望や要望をもとに治療方法や病院、医師選択の手伝いをしてくれます。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、医師による診断や、治療方法について、他の医師にも意見を聞くことです。

セカンドオピニオンの結果、さらに高度な治療が必要との判断が下された場合には、その時の病状であったり、本人の希望に合わせて他の専門医を紹介してもらうことができます。

専門医紹介サービス

患者の病状などをもとに、その病気の専門であり、他の医師の間でも信頼されている医師を紹介してくれます。

これらのような付帯サービスは無料のものもあれば、有料のものもあり、また契約内容によって利用できる範囲に限りがある場合もあります。

保険に加入する前に十分な確認が必要です。

がん保険の先進医療特約について

また、付帯サービスの他に「先進医療特約」というものがあり、たとえば陽子線治療だったり、重粒子線治療といった高額な費用の先進医療を一定額まで保障してくれるのです。

ちなみにこれらの治療は300万円近くかかるものです。

この先進医療特約は保険料が安価であり、月々が大体約100円で付加させることができます。

もし、保険料の負担が大きくないのであれば、ぜひとも付加させておくべき特約だということができます。

まとめ

以上のように保険も時代や医療技術の変遷によりさまざまに変化していきます。

最新のがん保険は最新の医療事情に沿ったものになっています。

よって、たとえば上記のような付帯サービスを見ていると、昔のがん保険よりも今の保険のほうが魅力的に見えてしまうこともあります。

しかし、もし新しい保険に入りなおそうとした場合、今現在の年齢で加入することになります。

保険というものは、加入する年齢によって保険料は上がっていくものなので、新たに保険に入り直し、かつさまざまな保障内容をつけようとすると当然保険料も高くなります。

見直しをするのであれば、現在払っている保険料と、新たな保険料と保障内容を見比べながら入念に検討していくことが重要となります。

-がん保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.