がん保険のメリットとデメリットのすべて

投稿日:

がん保険のメリットとデメリットのすべて

生命保険にはさまざまな種類がありますが、保険の内容によって保障内容が全く異なってきます。

もしものときに踏まえて、医療に特化した保険に加入される人は多いですが、最近ではがんになったときのことを考えて、がん保険に入るべきか、普通の医療保険にすべきか、悩まれる方も多いようですね。

医療保険に入っていれば、がんになったときでも安心できると思われますが、さらに手厚い内容の保障を受け取りたいと思った場合、がん保険に加入していたほうが安心できます。

医療保険はどんな病気になった場合も保障の対象になりますが、がん保険はがんになったときだけ保障対象になるといった違いがあります。

病気のときに備えて、両方の保険に加入するのが一番理想的ではありますが、保険費が高額になってしまうので、どちらかを選択する場合が多いようです。

いざというときのことを考えると、医療保険に加入しているほうが安心できそうに思えますが、その人の考え方や不安に感じることによって、入る保険は違ってきます。
どちらの保険に加入したほうが正解だとは、言い切れないものです。

がんの保障に特化しているがん保険

医療保険は病気やケガの入院を保障するといった、入院保障がベースとなっていますので、もしも入院したときは入院給付金が一日いくらで、何日間の受取ができるというものになります。

がん保険はがんにしか利用できないため、入院日数に制限がなかったり、がんと診断されただけで診断給付金が支払われるなど、がんに特化した保障になります。

保険会社ごとでがん保険も違ってきますが、いろいろな保障が用意されていますので、自分が求めるがん保障を比較して考えてみたほうが良いでしょう。

がん治療に欠かすことのできない放射線治療や抗がん剤などの保障もされている保険もありますので、自分ががんになったときのことを考えて、どのような保障を選ぶかが大切です。

また、保障が支払われるがん特約を、通常の医療保険に、付けている人も多いことでしょう。

がん特約の場合、入院一日あたりに受け取る保険金が上乗せされるものが多く、がん保険と医療保険単体で加入するよりも、保険料を安くすることが可能です。

保障内容はあまり変わりませんが、あくまでも特約になるため、主契約となる医療保険の契約内容を変更した場合、特約保障がつかないこともあります。

また、医療保険の保障額を上回るがん特約は付けられないことが多いため、給付金も制限を受けてしまいます。

こういった点からがん特約よりは、がん保険のほうが、満足のできる保障を受けられます。

がん保険によるメリット

がんになったとき場合、手厚い保障が受けられるのが何よりもメリットだと言えます。

がんになったとき、治療がいつまで長引くか分からないといった不安もついてくるものです。

一般的ながん特約よりも、がん保険は長期的に保障を受けられるため、治療に取り組むこともできます。

また、医療保険はそれまでの既往歴があると、加入できないことも多いですが、がん保険はがんに関わる病気になっていなければ、加入できることが多いのもメリット点と言えるでしょう。

持病を持っているから、保険に入れないと、落ち込んでしまう人もいらっしゃいますが、がん保険であれば加入できる可能性も高いので、安心できますよね。

終身がん保険に加入しておけば、保険料が一生上がらないため、早めに加入すればするほど、保険料が安くすむでしょう。

がん保険を解約しない限り、保障は一生続くのも大きなメリってではないでしょうか。

がん保険によるデメリット

がん保険は終身タイプを選択すると、保険料はそれほど上がりませんが、定期型を選ぶと、更新のたびに保険料が高くなるというデメリットがあります。

また、終身タイプの場合、保険料が高いのもデメリットです。

がんの先進治療は、日々進化しているため、がん保険に加入した当時は最新であっても、時間がたつと、保障内容が古くなってしまうこともあります。

数年おきに見直しをしないと、いざがんになってしまったとき、そのときの最新治療を受けられないこともありますので、常に見直しが必要という点もあります。

まとめ

保険料にそれほど費用をかけられないと思うものですが、がんになってしまった場合、あまりにも高額な治療費に頭を悩まされてしまうものです。

がん保険加入を検討するなら、保険料がどれぐらい必要と考えるより、がん治療はどれぐらい必要になるかを考えておいたほうが良いかもしれません。

-がん保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.