貯蓄型保険が人気である秘訣

貯蓄型保険が人気である秘訣

生命保険は家に次いで二番目に大きな買い物と言われています。

しっかりとした保障を受けようと思ったら、それほど安価ではない金額を毎月支払っていかなくてならないのですから、確かに長期的に見ればかなりな金額を支払っていることになります。

生命保険は自分に万が一のことがあった時のための保障を得るためのもので、非常に大事なものではあるのですが、やはり保障も受けつつお金も貯めたいという方もいます。

貯蓄型生命保険の種類

保険料を払いつつさらに別に貯蓄をしていくとなると、これはまた大変なことですが、貯蓄型生命保険であれば、それを同時に行うことができるわけです。

貯蓄型生命保険には「終身保険」「養老保険」「学資保険」「個人年金保険」があります。

以下に細かく説明していますので、貯蓄型生命保険を検討されている方は確認してみてください。

終身保険

終身保険とは、一生涯続いていく死亡保障のことです。
解約をしないかぎり死亡保障が続きます。

つまり、解約をしないかぎり、いつかは必ず家族が保険金を受け取ることになるということです。

終身保険の目的は「貯蓄をしたい」「葬儀関連の費用の心配をしたくない」「学費をためたい」などです。
終身保険の中でもっとも注目されているのは「低解約返戻金型終身保険」です。

払い込み期間中に解約した場合の払い戻し金を7割程度にすることで、保険料を抑えているタイプです。

払い込みが終了する際の払い戻し金は、払い込んだ総額よりも多くなります。

最後までしっかりと払い込むと得をしますが、もし途中で解約すると損をするので、しっかりと決めてから加入した方がよさそうです。

養老保険

保険期間中に不慮の事故や病気などで万が一のことがあった場合は、死亡保険金を受け取ることができ、満期まで存命だった場合は死亡保険金と同額の金額を受け取ることができる保険です。

万が一の事態に備えることができながらも、老後の資金も貯蓄していくことができるタイプです。

学資保険

その名のとおり、子供の学費を貯蓄していくタイプのものです。

学資保険はもし、加入者に万が一のことがあった場合は保険料の払い込みは免除されます。
免除されると以降払い込みをしていなかったとしても、満期には同様の金額を受け取ることができるのです。

生命保険の中では貯蓄性の高い保険です。

個人年金保険

払い込んだ保険料を年金のように受け取ることができるタイプです。

最近では国民年金への不安から注目度が高まっています。

個人年金保険には次の、設定した期間の中の保険の支払いは保障し、期間内ではなくなったとしても年金や一時金が支払われる「保障期間付き終身保険」。

契約時に決めた期間の間は年金を受け取ることができ、死亡したとしても一時金が支払われる「確定年金」。

保障期間中は生死に関係なく年金が支払われ、その後は契約時に定めた期間年金を受け取ることができるタイプの「保障期間付き有期年金」。

夫婦のどちらかが生きているかぎり受け取れる「夫婦年金」の四つがあります。

以上のように安全に貯蓄をしながら保険を受け取ることができる商品です。

リスクもあるが外資建保険を活用する方法もある

外資建保険を利用すると、ある程度のリスクを負うことで、高い利率を貯蓄することができるようになります。

「外資建保険」は日本円以外、ドルやユーロ、豪ドルなどで保険料の支払いを行うものですが、為替の変動によって損をしてしまうことがあります。

逆に契約時や満期時に円安になっていれば多くのお金を受け取ることができるのです。

もちろん円高になっていれば少なくなります。

これらのような貯蓄型生命保険を利用しながら貯金をしていく人もいますが、掛け捨ての生命保険に入り、定期預金をしていくことで同等の効果が発揮されます。

人によっては万が一の事態に備えるのは掛け捨てだけで十分であると、と貯蓄は自分で行っている人もいます。

貯蓄型生命保険のメリット

もし、掛け捨ての生命保険を利用しながら定期預金などで貯金をしていく方法で、貯蓄型生命保険と同等の効果があるのであれば、貯蓄型生命保険のメリットとはいったいなんでしょうか。

例えば、万が一自分の身に何かが行った場合、ただ学資保険の代わりに貯蓄をしているだけでは心配です。

必要なのは一定の貯蓄だけでなく、そこに生命保険も必要であるからです。
また、そのような場合の葬式代も保険に入っていれば保障されることになります。

生命保険は死亡保険金は法定相続人一人につき550万円までが非課税枠となっています。
よって、まとまったお金をいったん保険金に一括で変えておき、もしもお金が必要になった場合は解約払い戻し金として手元に戻すという方法で税金対策ができるのです。

以上のようなことから、貯蓄型生命保険を効率的に利用しながら将来の安心のために計画を練っていくことが大切です。

まとめ

前述のように「万が一のリスクに備えながら、しっかりと貯蓄もしていきたい」という方には貯蓄型生命保険は向いているかもしれません。

しかし、貯蓄と掛け捨ての生命保険の併用という方法もあるので、自分自身の環境や背景、ニーズをしっかりと検討しながら「終身保険」「養老保険」「学資保険」「個人年金保険」などのさまざまなタイプの中から選んでいくことが大切だと思われます。