貯蓄型保険の種類と特徴

投稿日:

貯蓄型保険の種類と特徴

保険に加入する目的の一つとして、貯蓄ができるということがあります。
もちろん本質的な目的は、何かあった時の備えとしての保障です。

病気や怪我、事故、あるいは死亡といったケースに備え、自分のため、家族のために加入するのが保険です。

ただ、保険の中には、貯蓄型と呼ばれるタイプの生命保険があり、万が一の際の保障を受けられるという側面と合わせ、一定の金額を貯蓄できるという機能を持っております。

もちろんその分、保険料は割高になってしまいます。
しかし、自分で毎月一定の金額を貯蓄をするのは、よほどの信念がなければ続けることが難しいものであり、こうして保険料という形式で貯蓄できるのは非常にありがたいのです。

具体的にどのような中身になっているのか、説明していきたいと思います。

終身保険の場合

終身保険は、一生涯保障が得られるということで、生命保険の中でも保障の部分が強いイメージですが、実は貯蓄の面でも優れております

。解約返戻金という制度があり、ある一定期間保険料を支払い続けると、満期の時に支払った総額以上の金額が戻ってくることがあるのです。

もちろん掛け捨てタイプではなく、積み立てのタイプを選ぶ必要があります。

その中でも、「低解約返戻金型終身保険」はより貯蓄性が重視されております。
保険料の払込期間中の解約返戻金を通常より低い金額で設定することで、月々の保険料が安くなります。

ただ、途中で解約してしまった場合の返戻金が減ってしまい、おおよそ7割程度まで減額されます。

しかし、払込期間を満了した場合は、払込総額より多くの金額が戻ってくるため、貯蓄に向いているのです。
保険を途中で解約しない自信があるのであれば、こちらのタイプの方が断然お得なのです。

ここで注目したいのが、返戻率という数値です。
これは支払った保険料の総額に対して、どれぐらいの金額が帰ってくるのかというものを表した指標です。

支払った額と戻ってくる額が同じであれば100%となり、100%以上となると、返ってくる金額が大きいということになります。

返戻率が110%を超えている商品が、比較的高い数値となるため、そこをボーダーに探すとよいでしょう。

このように、低解約返戻金型終身保険は払込期間を満了すれば、総額より多くのお金が受け取れること、そして月々の保険料を安く抑えることができるというメリットがあります。

しかし、途中で解約してしまった場合、戻ってくる金額が7割適度になってしまったり、途中で保険の見直しをしにくくなってしまうため、一度決めたら最後まで支払い続けるといった覚悟が必要となります。

養老保険の場合

養老保険もまた貯蓄型の保険の一つと言われております。
名前だけではいまいちピンとこないかもしれませんが、簡単に説明すると、満期保険金と死亡保険金が同額という少し変わった保険です。

貯蓄を目的としているのですが、もし期間の途中で被保険者が無くなった場合は、満期前であっても満期保険金を全額受け取ることができるというものです。

死亡のリスクをカバーしてくれる面があるのです。
別名で、「生死混合保険」とも呼ばれることがあります。

月々の保険料が高いため、貯蓄には非常に向いております。
捉え方としては、毎月ある一定の貯蓄をするために保険料を払い続け、万一保険者に何かあった時に保障してくれるという、保険があとから付いてくるという感覚の方がよいかもしれません。

保険会社としては、養老保険は何年も後の満期金を保障するという約束をすることになるため、あまり自ら薦めてくることはありません。

保険金詐欺などにも利用されるケースもあるため、保険会社としてもリスクが高いのです。

自分から訪ねでもしなければ契約をすることができないため、事前に調べて知識を蓄えておく必要があります。

学資保険の場合

次に学資保険と言われるものを説明いたします。
これは、子供の教育資金を蓄えておくことを目的とした貯蓄型の保険です。

特徴としては、満期保険金以外にも、中学校入学、高校入学といった子供の養育の節目にお祝い金をもらえることもあります。

他の保険と比べて大きなメリットが二つあります。

一つ目は、子供が怪我をしたり病気になる、あるいは手術などを受けるなどの場合に、保障してくれるという点です。

保険の本来の目的からすると当たり前の事かもしれませんが、貯蓄をしつつ子供に何かあった時に備えることができるというのは非常にうれしいところです。

また、保険の支払者に何かがあって、月々の支払いができなくなったとしても、子供に対する保証は満期まで続くという点です。
例えばご両親が事故で亡くなり、保険の支払いが不可能になったとしても、子供に対する保証はきちんと残るため、その点は安心できます。

逆にデメリットとしては、もし子供に対する保障を厚くしてしまうと、貯蓄の部分で元本割れをしてしまうということです。

まとめ

今回紹介3つが、貯蓄型に向いている保険の種類です。

他にもさまざまな種類の保険があるため、もしいろいろと知りたいという人は、街中の保険無料相談窓口などに相談してみるとよいでしょう。

貯蓄型の生命保険を契約することで、もし何かあった時のために備えておくのと同時に、自分の将来のために貯蓄もできるという、二重で安心感を得ることができるサービスです。

-生命保険

Copyright© 保険見直しガイド , 2018 All Rights Reserved.