保険の見直しを検討している方へ

まず、保険を見直すことを検討している人は、何かしらのきっかけがあるかと思います。

一般的に保険を見直す理由として、「最適な保障内容または保障額に見直したい」というより、「家計から出費される保険料を抑えたい」という目的をもって見直す人が多いです。

保険料を節約したいという意識はとても大切

保険料を節約したいという意識はとても大切保険料を少しでも抑えたいという思いは、保険を見直す上で実は重要なことです。

本来、保険とはライフプラン(将来設計)から算出して保険を選ぶことが大切で、必要な保障額は年々減少していきます。
そのため、一定金額の保障をずっと払い続けているのは無駄に保険料を支払っている可能性があります。

少しでも保険料を抑えるためにも、不要な保障や高額な保障額をつけている保険は、見直しの対象にしましょう。

生命保険の見直しポイント

生命保険の見直しポイントここから、生命保険を見直すためのポイントをいくつか解説していきます。

ここで解説するポイントからズレてしまうと、保険の見直しが失敗して損してしまうことがあるので、しっかりと把握するようにしましょう。

保険料を減らすことを最優先にして見直さない

家計からの出費を抑える目的で保険を見直す場合、一番陥りやすいのが保険料を基準に保険を選んでしまうことです。

たとえば、毎月の保険料を月15,000円以内にしたいという目的にしてしまうと、必要な保障額を削りすぎたりしてしまい、万が一のときに保険金が不足してしまうことがあります。

保険本来の役割をしっかりとおさえた上で、不要または過剰な保障額を減らす流れで見直すことがポイントです。

掛け捨て型保険と貯蓄型保険を分けて見直す

生命保険には万が一のときに必要とする保障タイプの保険と、学資保険や個人年金保険など、お金を貯めることを目的とした保険の2つに分けることができます。

たとえば、保険料を抑えるために貯蓄タイプの保険を解約して、積立貯金に切り替える人がいます。

きちんと、積立貯金ができるのであれば問題はないです。
しかし、今月はピンチだからと積立貯金を止めてしまうケースもけっこうあるのです。

もし、貯蓄が苦手な場合は、貯蓄型の保険はそのままにしておき、保障タイプの保険を中心にまずは見直していきましょう。

保険を見直す前にライフプランをしっかりと立てる

保険を見直す前にライフプランをしっかりと立てる生命保険を決めるときに重要なのが、ライフプラン(将来設計)をしっかり立てることです。

たとえば、子供の人数や教育資金、持ち家の有無に旅行などのイベント事など、各家庭で将来に対する過ごし方はそれぞれ異なります。

しかし、現実は保険特集の雑誌などを参考にしてだいたいのイメージで、保険に加入しているケースがまだまだ多いです。

まずは、家族がどのようなライフプランを描いているのか、きちんと把握した上で、必要なお金を計算します。

そして、万が一の不足分を算出して、その分を保険でカバーするのが理想的な見直し方です。

ライフプランの作成や見直しなど、自分で作ることが難しい場合は、無料保険相談サービスを活用すると担当FPが的確にアドバイスをしてくれるので利用してみるといいでしょう。

現在加入している保険の保障を理解する

保険の見直しを検討した場合、全ての保険を見直すことを前提にして考えます。

まずはその第一歩として、現在加入している保険の保障内容を全て確認しましょう。

この見直しの過程で、見直す必要のない保険だとわかるケースもあるのです。
たとえば、若い頃に加入した医療保険が、保険料が安く保障も必要最低限ついていた場合、自分がこの内容で十分だと思えば見直す必要性がないわけです。

ごくたまに、契約した保険会社の営業担当者から、保険の提案を勧めてくることがあります。

その場合も、現在加入している保険と比べて、保障内容や保険料にあまり差がないと感じたら、無理に見直すことはありません。

複数社から自分で保険を検討するには限界がある

前提として、かならず複数社から保険を検討する必要はありません。
もし、保険会社の営業担当から勧められた保険にあなたが納得すれば問題ないです。

しかし現在発売している保険商品は、保険会社によって得意不得意があるのも事実です。

たとえば、A社はがん保険の保障内容が充実で保険料が安いとか、B社は医療保険に通院と入院の両方の保障が基本保障として含まれているなど、保険会社ごとの強みを生かした保険商品を発売しています。

そのため、複数社の保険商品を検討することで、保険の「いいとこ取り」ができるメリットがあるのです。

複数社から保険を検討するなら保険ショップなどを活用する

複数社から保険を検討するなら保険ショップなどを活用する複数社から保険を検討する場合、保険商品の知識が豊富でないと、最適な保険を見つけることが難しいのが事実です。

そこで、複数社の保険商品を扱っている保険ショップなどの無料保険相談サービスを活用して、保険のプロに相談することをオススメします。

毎日、保険商品に触れているので保険のプロが選ぶ「いいとこ取り」は、間違いなく参考になります。

短時間で保険商品の概要を知ることができ、アドバイスを受けたり気になる点など相談することができるのです。

最終的に、加入する保険を決めるのはあなた自身となるので、無料保険相談サービスを活用して、しっかりとアドバイスを受けるだけでも、保険の知識が自然と高まります。

また、無料保険相談サービスも保険会社と同様にそれぞれ強みがあります。

ここでもいくつかの無料保険相談サービスなどを活用して、アドバイスの「いいとこ取り」をすることで、後悔しない最適な保険が見つけやすくなります。

無料保険相談サービスを最大限に活用する3つのポイント

無料保険相談サービスを最大限に活用する3つのポイント

医療保険だけ、死亡保険だけと1つの保険商品のみに加入したい場合は、無料保険相談サービスを受けなくても、自分で資料請求をして、じっくりと比較検討することで何とかなります。 

しかし、保険の見直しや複数の保険に加入したい場合、自分で1社1社調べるのは時間と労力がかかりすぎて途中で挫折する可能性が高いです。

そのような場合は、保険のプロ(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番賢い見直し方です。

なぜなら、保険のプロと一緒に保険を選ぶことで、本当に必要な保障や目的に対してのみ保険を絞り込むことができます。
その結果、過剰に保険料を支払う家計を圧迫してしまうのを防ぐことができるのです。

また、生命保険や医療保険、がん保険など保障内容をあまり把握せずに、保険料の安さだけで加入してしまうと、万が一のときに、加入した保険が保障適用外で保険金を受け取ることができないこともあるので注意しなければいけません。

1.契約中の保険証券を持参すると質の高い相談ができる!

契約中の保険証券を持参すると質の高い相談ができる!

もし現在、すでに保険の加入をしており、一度保険の見直しを検討したいと思った場合は、必ず保険証券を持参していきましょう。 

保険証券を持っていくと、既に加入している保険が現在のあなたのライフスタイルに合っているかプランニングをしてくれることがあります。

このプランニングによって、いま必要な保障や逆に不要である保障など具体的にアドバイスを受けることができます。

必要な保険の保険料や、見直し前と見直し後の正確な保険料の比較なども、その場ですぐに把握できるようになるので、保険証券を持っていくことをおすすめします。

新規で保険に加入する場合は、なんとなくの気分で保険相談を受けても相談の質には影響はありません。

しかし保険の見直しの場合は、なんとなくの気分で自分の加入保険も把握せず相談すると、双方にとってどうしたいのかというゴールが見えないまま話が進む恐れがあり、時間の無駄遣いになり兼ねないこともあるので注意が必要です。

2.気になっている保険があればきちんと伝える!

気になっている保険があればきちんと伝える!

もしCMなどで流れている保険や、インターネット上で気になった保険があった場合は、保険相談の担当の方にきちんと伝えておきましょう。 

始めに気になる保険を伝えておくことで、その保険の詳しい説明を受けられたり、よりメリットの高い保険があればそちらの保険と比較して提案してもらえます。

CMなどでは、メリット的な部分が多く伝わっているので、気になる商品の詳細をプロに相談することでメリットとデメリットの両方を学ぶこともできます。

3.1回目の保険相談で保険加入の決断をしなくても大丈夫!

1回目の保険相談で保険加入の決断をしなくても大丈夫!

保険の無料相談サービスは、1人1回までという縛りはありません。 

ほとんどの保険相談サービスについては、1人で何回利用しても無料で相談することができます。

中には、その日に相談してその日に保険契約をしなくてはいけないと思っている人もいるかと思いますが、保険はそんな簡単に決めれるものではありません。

無料保険相談をしたあとは、きちんと家族で話し合ってから決めるものです。
もし、保険相談初日に保険契約もしなくてはいけないところがあった場合は、そこはおすすめしません。

保険相談を受けた人が保険の契約を決めるまでに、だいたい2~3回程度相談してから決める方が多いです。

ですから、保険相談を受けるときは、リラックスした気持ちで、焦らず1つ1つ納得のいく保険を選らびましょう!

無料保険相談サービスを選ぶコツ

無料保険相談サービスは、大きく分けると「訪問型」と「対面型」の2種類があります。

訪問型のメリットとデメリット

訪問型の無料保険相談サービスは、保険の販売資格をもつ保険のプロやFPが、自宅や近所のカフェなどで保険の相談をおこないます。

訪問型のメリット

訪問型のメリットは、子育て中で遠くに外出できない人や、近くに保険ショップがない人でも、保険アドバイザーが訪問して保険相談をしてくれるので、外出する手間と時間がなくなります。

また、訪問型の場合、お金に関する知識が豊富であるFPが対応するケースが多いため、保険以外にも家計の事や、貯蓄術などもアドバイスをしてもらえるメリットもあります。

訪問型のデメリット

訪問型のデメリットは、自宅にアドバイザーが訪問するため、他人を自宅に入れたくない人はデメリットとなるでしょう。

また、近くのカフェで相談する場合も、家計の事や保険の相談内容を周りの人に聞かれてしまうこともあるので、そのあたりが気になる人は訪問型は向いていないといえます。

来店型のメリットとデメリット

来店型の無料保険相談サービスは、保険の販売資格をもつ保険のプロやFPが、直営店舗や大型店舗のテナント内などで保険の相談をおこないます。

来店型のメリット

来店型のメリットは、保険ショップ内で保険相談をおこなうので、家計や保険内容などプライベートに関する内容を見ず知らずの人に聞かれることがないため、しっかりと保険見直しについて話し合うことができのがメリットといえます。

また、保険ショップによってはキッズスペースが備わっているので、小さなお子さんがいても、安心して保険相談を受けることも可能です。

来店型のデメリット

来店型のデメリットは、店舗まで出向かなくてはいけないことです。

また、来店型の場合は、FPよりも保険販売員である保険のプロが対応するケースが多いため、保険の知識は長けていますが、その他のお金に関する知識は乏しいことがあります。


 

どのタイプが自分に合っているか、上記を参考にして無料保険相談サービスを受けると気持ちよく相談を受けることができます。

もし、どちらも抵抗がない場合は、訪問型と来店型の両方を体験して判断してみると一番自分にあったサービスが判断しやすくなるので時間に余裕がある人は試してみるといいでしょう。

【相談形式別】無料保険相談サービスの人気ランキング!

無料保険相談サービスの人気ランキング!

訪問型」「来店型」別に、人気があるオススメの無料保険相談サービスをランキング付けしました。

ランキング基準は5つの項目+当サイトからの申込件数を元にしています。

次の基準内容を参考にして、あなたに最適な無料保険相談サービスをみつけてくださいね!

《無料保険相談のランキング基準》

【FPまたは担当者の質】
FPの知識量や相談経験数が多いほど的確な保険のアドバイスをしてもらえます。

【取扱保険商品数】
保険商品数が多いほど、保険提案の幅や最適な保険が見つけやすいです。

【保険相談実績数】
保険相談サービスを長く運営している会社ほど、FPやスタッフの管理体制、アフターフォローの質が高い傾向があります。

【対応エリア】
地方に住んでいる方は全国対応している会社を選ぶことで、遠くへ足を運ぶことがなくなります。

【勧誘の有無】
FPや担当者がお客様に強引な勧誘を監視する制度を設けている会社のほうが焦らずゆっくりと検討できます。

【訪問型】無料保険相談サービス
人気ランキング

1位:保険のビュッフェ

「保険のビュッフェ」は、訪問型の保険相談サービスを運営している会社です。

保険のビュッフェの最大の強みは、一定の経験数を超えたFPのみしか提携しないという基準を設けているところです。

なので経験値をもとに、保険の分析や今必要な保険について幅広くアドバイスを受けることができます。

また、保険加入後のアフターフォローもしっかりしているので、いざ保険金が必要となった場合でも、請求手続きなど行ってくれるので慌てずに済むのも心強いです。

【今だけ当サイト経由限定特典】
無料保険相談を受けたかた全員に、選べる特選ギフトをプレゼント中!

相談形式 訪問型・来店型
FPの質 高い:平均実務経験8.3年
取扱保険商品数 複数社
保険相談実績数 保険相談実績15万件以上
対応エリア 全国47都道府県
勧誘の有無 勧誘なし:勧誘防止制度あり

2位:保険マンモス

お金の失敗を防ぐには?

「保険マンモス」は、訪問型の保険相談サービスを運営している会社です。

保険マンモスの大きな特徴は、保険相談サービスの老舗的存在というところです。

訪問型の保険相談がまだ一般的でなかった10年前からサービスを展開し、実績を重ねてきました。

保険マンモスで保険相談依頼をすると相談時に役に立つ「得する保険相談はじめてガイド」の小冊子が送られてくるので保険相談当日に備えて準備することができます。

相談形式 訪問型
FPの質 高い:平均実務経験5年
取扱保険商品数 複数社(平均22社)
保険相談実績数 保険相談申込件数が累計20万件超
対応エリア 全国47都道府県
勧誘の有無 勧誘なし:イエローカード制度あり

3位:みんなの生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザー

「みんなの生命保険アドバイザー」は、訪問型の保険相談サービスを運営している会社です。

2015年度の実績では保険相談申込数20万件と10年以上続くサービス提供をしつづけているだけの実績と結果を残している会社です。

対応エリアは他社と比べて少ないですが、顧客満足度94%と利用者からの高い評価を得ているほど、質の高いFPが相談にのってくれます。
他社の相談サービスと比較して、それぞれFPが提案された内容を見比べるとより違いが分かるかと思います。

【当サイト経由限定】
期間限定!家計応援キャンペーンを提供中

相談形式 訪問型
FPの質 高い:満足度94%と高い評価を得ている
取扱保険商品数 複数社
保険相談実績数 保険相談実績16万件以上
対応エリア 茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府
兵庫県、三重県、滋賀県、京都府、奈良県
勧誘の有無 勧誘なし:ストップコール制度あり

【来店型】無料保険相談サービス
人気ランキング

1位:LIFULL保険相談

「LIFULL保険相談」は、全国1,100店舗以上の保険ショップと提携し、無料保険相談の予約サービスをご提供している会社です。

LIFULL保険相談の特徴は、「イオン保険サービス」や「保険見直し本舗」「ほけんの110番」など、大手や地域に特化した保険ショップと提携しているので、自宅近くで保険ショップの無料保険相談サービスを受けたい人が簡単に予約や店舗情報を見つけ出すことができます。

とにかく近場の保険ショップで相談したい人にオススメのサービスです。

またLIFULL保険相談の運営会社は、住まいのポータルサイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL(東証一部上場)のグループ会社なので、安心して活用できるのも大きなメリットです。

相談形式 来店型無料保険相談の予約サービス
FPの質 各保険ショップによって異なる
予約可能な店舗数 全国約1,000店舗
対応エリア 全国47都道府県

Copyright© 保険見直しガイド , 2017 All Rights Reserved.